--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
01.31

またね!

anomaさんでのお茶会の後に、さらにもうひとつのお茶会へ。
かなりの強行スケジュールだけどせっかく上京したのだもの。
今日は一日思いきり楽しむぞっp(^▽^)q
こちらでもお腹いっぱいに美味しいお茶を詰め込んで、お喋りを楽しみました♪
東京を発つぎりぎりまで付き合ってくれて見送りをしてくれた友の心づかいがとてもあたたかくて嬉しくて。。。ホントに有難う~♪また遊んで下さいね!
お茶会090131



スポンサーサイト
Comment:0
2009
01.31

新茶ミニ茶会@anoma

お久しぶりの東京♪そしてもっとお久しぶりのanomaさん♪
新茶のミニ茶会に参加してきました。

【新茶ミニ茶会の茶譜】
(ちょしさんのブログからコピペさせていただきました
雪片大烏葉 3種 
烏[山東]団樹葉
烏[山東]鋸朶仔
烏[山東]佛跳墻
烏[山東]杏仁香 清香
烏[山東]茉莉香

最初は3種飲み比べからスタート。
雪片大烏葉とその製茶の際に取り除かれる揉捻しきれていない茶葉と茎とです。
縒りの足りない茶葉は水色が一番薄くて、3、4煎ほどですっかり薄くなってしまいましたが、茎のほうはそれより煎もきいて茶底からもいい香り♪
捨ててしまうにはちょっと勿体無いなぁ。。。

“左:雪片大烏葉 右:烏[山東]団樹葉”
anoma1anoma2

“右:烏[山東]鋸朶仔”
anoma3anoma4

“左:烏[山東]佛跳墻 右:お茶請け(佛手柑)”
anoma5anoma6
佛手柑を漬けたお茶請けは黒いかけらのような見た目が「?」なうえに、漢方薬のような香りがつーんを鼻をさし、「えーっコレ食べ物なのっ???」な印象。
とても美味しそうとは思えないのだけど、
これが一口かじると柑橘のさわやかないい香り♪
あと味にすぅっとした爽快感があり、かじりだすと止められないクセになるお味♪
5,6片くらい食べたかったなぁ(笑)
薬効によって色々種類があるらしいです。

“左:烏[山東]杏仁香 清香 右:烏[山東]茉莉香”
anoma7anoma8
星川さんの現地買い付けのエピソードなどうかがいながら、
ゆるゆると3時間半あまり。
ゆったりペースだったのでじっくりと味わえたうえに、
お土産の茶葉も2種類いただいたので、充実感もたっぷり♪
久しぶりだったけど、こちらのお茶会はやっぱりつくろげます♪
星川さんセレクトのお茶も美味しかったし、次回も楽しみ(*^m^*)
星川さん、同席の皆さま、どうもありがとうございました~

“ごちそうさまっ♪”
anoma9


Comment:0
2009
01.31

あいにくの雨。。。

楽しみにしていた上京ですが、生憎のお天気。。。
前夜から強い雨が降っていて、東京に着いた時にもまだ大荒れ
雨宿りと休憩をかねてカフェに駆け込みました。
ワッフルのあったかさと甘さにほっとひと息♪
朝ごはんを食べたり、メールしたり、本を読んだりしているうちに
服もあらかた乾いて雨もだいぶ小降りになっていました。
朝ごはん090131
買い物をひと通り済ませたら根津へ移動しましたが、
やはりここでも雨風のお出迎え。根津神社は梅も寒桜も咲いていて、
お天気がよかったらのんびり散策するにはもってこいだったのになぁ。。。
根津神社桜090131根津神社鳥居090131
それでもなれ親しんだ場所を久しぶりに訪れるというのは嬉しいものですね♪
お参りをすませて、その後anomaさんのお茶会へ。
なんだかタイムスリップしたような気分になりました。


Comment:0
2009
01.30

幸のみなもと

Category: お出かけ
今日のお昼まではうきうきバラ色気分♪
なぜなら上京のため今晩から出発!明日は友に会えるのだ(*^-^*)v
今日の午後からはどんよりうす暗くひややかな、冬の曇り空のような気持ち。
それはとても嫌なことがあったから。。。
日常の生活は幸と不幸のシーソーみたいだなぁ。
どちらもごっとん、ごっとん絶え間なくやってくるのだ。
私にとって幸を運んでくれるのも、不幸のショックをやわらげてくれるのも、
いつも自分の力ではなく、周りの人たちの優しさです。
弱虫な私をいつも支えてくれてありがとう♪
「ひとの世の幸不幸は 人と人とが逢うことから はじまる よき出逢いを」
ずっと以前にお友達と一緒に食べたフォーチュンクッキーに入っていた言葉は、
そんな私に友への感謝を忘れないように、と言ってくれているみたい。

“想い出のひとコマ♪”
思い出
そんなわけでしょんぼりしているこの気持ちも、
明日になればきっと遠い遠い空のかなたに吹き飛んでいることでしょう♪
いつか私もそんなふうに周りの人に幸を運んでやってくる、
あたたかい人になりたいなぁ。

(今回、都合が合わなくてお会いできなかった方も、
 またの機会に是非お会いいたしましょうね~♪
 お誘いのメール、大歓迎です(^▽^)/♪私もまたお誘いいたします!)


Comment:4
2009
01.28

大阪レトロ探索②大阪名品喫茶 大大阪

Category: お出かけ
ダイビル090128-1

ダイビル090128-2


Comment:0
2009
01.28

大阪レトロ探索①まほうびん記念館

Category: お出かけ
今日は貴重な大阪平日ツアーDAY♪
前から行ってみたかった“まほうびん記念館”と“大大阪”へ行ってきました。
まず目指したのは“まほうびん記念館”
最近、レトロで可愛いポットを目にする機会が何度かあって、
そうしたものをもっと見てみたいなぁと思ったのがきっかけでした。
まほうびん記念館090128

まほうびんの原型 デュワーびん(レプリカ)。
ガラスが2層になっていて、あいだは真空になっています。
デュワーびん090128
真空の不思議を体験したり、ビデオを見たりと、
社会科見学気分を味わいながら案内していただきました(^-^)
年代順に展示された物を順を追ってみていくと、
生活様式のあまりの激変ぶりに驚かされました。
今、当たり前のように使っているものもあと20年もしないうちに
「へ~っこんなものあったんだ!」なんてことになるのかしら?

“まほうびん他いろいろ♪”
まほうびん090128-1
まほうびん090128-2
まほうびん090128-3
進化してゆく機能もさることながら、デザインも豊富で、
「あっコレ今売っていたら欲しいな♪」と思うものもいくつかありました。
たまにはこうした物を見て、今の生活を見直してみるというのもいいですね♪
帰り際にいただいた象のマスコットのマグネットも可愛らしかったわ~

まほうびん記念館
〒530-0043 大阪市北区天満1丁目20番5号
(象印マホービン株式会社 本社1F)
開館時間:10:00~12:00、13:00~16:00
土・日・祝日は休館
入館料:無料  要予約
予約受付先:Tel.06-6356-2340
(予約受付時間 平日10:00~16:00)


駅に戻る前に大阪天満宮にも立寄ってみました。
星合池に行ってみると池のほとりには早くも梅の花が咲いていました♪
まだ一月なのにもう春の気配♪
つい先日訪れた時のあの凍るような寒さがうそのようでした
大阪天満宮の梅090128-1

大阪天満宮の梅090128-2

Comment:0
2009
01.27

届いた♪

Category: 中国茶
楽しみに待っていたお茶がついに我が家へ♪
こんなにキレイに詰められているのを見ると飲んでしまうのがもったいない。。。
といいつつ我慢できずにやっぱり飲んじゃった(笑)♪
口の中いっぱいに広がる美味しい香り♪うふふ幸せ~♪
心の隊員090127



Comment:0
2009
01.24

うそをまことに替えましょ~♪

Category: お出かけ
雪のちらちらする寒~い日でしたが、頑張ってお出かけ。
大阪天満宮の梅花祭で行われる“うそ替え神事”に行ってきました。

大阪天満宮090124
日頃ついている嘘を道真公の愛鳥「鷽(うそ)鳥」に託して誠に替え、
罪穢れを祓いやり福を招く神事なのだそうで、巫女さんから渡されたお守りの入った紙袋を周りの人たちと「替えましょう、替えましょう。嘘をまことに替えましょう」と言いながらどんどん交換していきます。
この間お守りは開封厳禁!
終了の合図があってからはじめて開けることができます。
鷽鳥御守090124
お守り袋を開封すると中には鷽鳥をかたどった紙のお守りが入っています。
さらに裏にハンコが押してあって、「金」「銀」などの文字が書いてあったら、
「金鷽」「銀鷽」などのお守りと交換してもらえます♪
種類は「金」「銀」「木」「土」の4種類。
私は残念ながらハズレでした~(^ー^ゞ 
でも中に入っている紙のお札ももちろん立派なお守り!
ありがたく頂戴いたします(^-^)♪

真冬の厳しい寒さで、気がつくと体がじんじん冷えてきました。
梅のつぼみもところどころほころびかけているものもありましたが、
見頃をむかえるのはまだ先のようです。
梅の花が咲きそろった頃にまた訪れてみたいな♪

“梅がいっぱい♪”
大阪天満宮の梅090124

中に入っていた鷽をかたどった御守りです。
鷽鳥御守090124

おまけの寄り道は紅茶のお店“ムジカ”さんです。
ストレート用の紅茶を買うつもりだったのに、
寒さのあまりチャイ用の紅茶とスパイスを買ってしまいました。
紅茶はバングラディシュの紅茶“スターオブベンガル”です。
スパイスのおまけで“カルカッタのチャイ屋さん”という本を下さいました♪
ムジカ090124


Comment:0
2009
01.17

宴のあと。。。

Category: 中国茶
お久しぶりのプライベート茶会♪
そういえば関西ではお初だわ♪
いっぱい食べて、淹れて、飲んで、喋って、
忙しかったので写真撮るひまがほとんどなく。。。
お茶会なのにそれらしい写真なしっ(笑)
次回、頑張りますので、まだどうぞよろしくね♪
お茶会090117-1
お茶会090117-2

Comment:2
2009
01.12

プリンセスロール♪

Category: お茶請け
モンシュシュさんの“プリンセスロール”~♪
大粒の苺&たっぷりのフレッシュミルクテイストの生クリームに、
すこぉし入ったカスタードクリーム♪
ふわふわしっとりとした食感のスポンジ生地。
んんんっ♪美味しい~♪♪♪
難点を言うなら、軽い食感で食べやすいので、
ついつい食べ過ぎちゃうこと(笑)
紅茶もたっぷり淹れて至福のひとときを過ごしました♪
プリンセスロール090112
Comment:0
2009
01.11

菊華仙@俵屋吉富

Category: お茶請け
菊の焼印&金箔がなんとも高貴な雰囲気の麩焼きせんべいは、
京都御所の秋季一般公開に行った際、購入していたものです。
日持ちがするので油断していたら、
戸棚にしまいっぱなしになっていました。。。危ない、危ない。
顧渚紫笋090111
サイトを見てみると、京都御所売店限定品だそうで、
他にも金閣寺や銀閣寺、宝鏡寺売店限定などいくつか種類がありました。
焼印が違うだけで同じお菓子なんですけどね~(多分)
魅力的なお店がたくさんあるうえに、それぞれに季節限定やエリア限定ものなどもあって、お菓子の種類はそれこそ星の数ほど。
そういえば俵屋吉富さんには“京菓子資料館”なるものがあるらしいので、
今度行ってみようかしら?
美味しいお茶にはやっぱり美味しいお茶請けが欠かせませんものね~♪
美味しい情報仕入れてこなくちゃ(笑)♪
菊華仙090111

【備忘録】
3月19日~6月2日
「俵屋吉富 俵と龍のコレクション~屋号にちなんだ菓子意匠と茶道具~」
京菓子資料館にて開催予定。



Comment:0
2009
01.10

口福いっぱい福袋♪

Category: お茶請け
すごく美味しいというお店のおかきをいただいたので、
楽しみにしつつティータイム♪
その名も「日本一おかき処 播磨屋本店」さんです。
おかき090110
イチオシされた「おかき皇」はふっくらと分厚いけどさっくりした食感で、
あっさり塩味。うん、なかなか♪
でも欲張りな私が気に入ったのは「コウノトリの福袋」
全24種あるミニおかきの中から10種類ずつパックされています。
なので何が入っているかはお楽しみ♪
もみじや梅の形、丸いの四角いのと形も色々なので見た目も楽しいです。
柳桜園茶舗さんのほうじ茶と一緒にいただきました
中でも美味しかったのが「一口揚げせんキャラメル」です。
キャラメル味のおかきって?。。。と思ったけどこれがイケる♪
是非、単品で登場してくれないかしら?
ほうじ茶090110
HPには無料お試しセット(送料160円要)の案内もあって、
ここで美味しさを確認してから買い物できるのも嬉しいところ♪
次回はこれを頼んでみようかな?


Comment:2
2009
01.07

七草

Category: 中国茶
今晩は七草粥を炊こう!と決めていたのに、
誘惑に負けて衝動買いしてしまったとらふぐ鍋セット
だって半額だったんです~。このチャンス、見逃せないでしょ!?
結局、七草は雑炊に入れました。
お粥ではないけど。。。まぁ、いっか
七草粥090107

食後にのんびりいただく本日のお茶は愛子さんの“明前東山碧螺春'06”
フレッシュさだけが緑茶の美味しさではないと教えてくれるお茶です。
早く飲みきらないと、と思いがちな緑茶ですが、
こうして長い時間がたっても美味しく飲めるものがあるのですねぇ♪
ふっかふかの茶葉。見てるとむしょうにうずもれたくなる~っ(笑)!
碧螺春090107


Comment:0
2009
01.04

新春のお菓子

Category: お茶請け
菱葩餅、通称花びら餅。
裏千家の初釜に用いられていることで知られているお菓子ですが、
もとは宮中の年中行事で「お歯固め」という正月儀式に、
長寿を願って猪・鹿・押鮎・大根などを食べていたのに由来するものだそうです。

建仁寺や六波羅蜜寺からほど近い松壽軒さんにて購入しました。
ここのご主人、お菓子のことを語り出したらとまらなくて、
お菓子へのこだわりのほどが感じられます。
ほんの少ししか買い物しなかったのに、待っている間に
お茶や干菓子まで出してくださいました♪

新春のお菓子なので、とっておきの抹茶と一緒に
柳桜園茶舗さんの"口切茶壷熟成 炉開き抹茶"です。
その年の新茶を挽き上げた特別品なのだとか
甘みが濃厚でとても美味しいお抹茶でした♪
菱葩餅090104
肝心の花びら餅はもう感激の美味しさ♪♪♪
中に薄く紅が刷いてあるのが表から透けて見えているのが可愛らしい♪
白味噌の餡は塩気もほどよくて、牛蒡は甘く煮てあり、
土臭さは全く感じられない、とてもお上品なお味です♪
花びら餅の美味しさに、また京都へ行きたくなりました(笑)
他にも美味しいお店を探してみたいところだけど、
期間限定のお菓子なのでもう無理かなぁ。


お抹茶だとゆるゆると長く楽しむってわけにもいかないので、
この後中国茶でさらにティータイム続行!
いただきものの"明前安吉白茶"を淹れました。
しばらく楽しんだ後でかなりぬるめのお湯を注して置いていたら、
びっくりするほど旨みたっぷりなお味に♪う~ん、幸せ
明前安吉白茶090104
ルチアさん、おいしいお茶ごちそうさまでした


Comment:2
2009
01.03

八ツ橋しゅー

Category: お茶請け
清水さん(清水寺)からの帰りにお持ち帰りした“八ツ橋しゅー”でティータイム♪
シュー皮からはほわんとニッキの香り。
なのでお味はちょっと和ちっくです。
包み紙も和な雰囲気のうさぎマークで可愛い~
カスタードと抹茶と季節限定のチョコの3種類が有り、
美味しかったのは抹茶でした。
でもお味は普通かな(笑)
FTCさんの大禹嶺野生茶でじわじわ体があたたまって、
ほっとひといき♪寒い日にはとりわけ美味しく感じるタイプのお茶です
八ツ橋しゅー090103
そういえば、前々から行ってみたかった清水焼のお店へもやっと行ってきました。
ネットで見てからずーっと気になっていた物を手にとって見れたのだけど、
やっぱりいいわ♪♪♪でも年末からお買い物が続いたのでしばらくガマン
今年も頑張って働こう~と思いましたとさ(笑)


Comment:6
2009
01.03

お正月の京都ぶらぶら

Category: お出かけ
六波羅蜜寺を出てから建仁寺へ。
お茶の花がまだたくさん咲いていました♪
建仁寺090103
清水寺目指してさらにぶらぶら。
途中で見つけた自販機。京都らしくて風情ある~♪
散歩道090103
さらに坂を上ってゆくと庚申堂がありました。
身代わり猿のお守りは奈良で見かけたばかりだけど、ここにも!
ただしこちらでは“身代わり猿”ではなく“くくり猿“と呼ばれていました。
笠?が付いているところやカラフルなところが奈良とは趣を異にしていました。
庚申さん090103
この日のランチは産寧坂にある“黒豆茶庵”さんで黒豆づくしの黒豆御膳をいただきました黒豆ご飯に黒豆を細かくたたいたものを海苔で巻いて揚げた天ぷら(これ美味♪)、黒豆のよせ豆腐にふっくらと炊いた煮豆、お醤油も黒豆、お味噌汁の味噌も黒豆とまさに黒豆づくし
お正月にもぴったりななんともまめまめしいお膳です♪
(出てきたお茶も黒豆茶でした
黒豆御膳090103
ご飯もいいけど私的には“きなこをかけていただく”甘味がイチオシ
なぜなら、こちらのお店ではテーブルに備え付けてある石臼で、炒った黒豆を自分で挽いてきなこにすることができるんです♪ずっしりと重たい手ごたえの石臼をごろごろ回していくと香ばしい香りを漂わせながら色の濃いきなこがはらりはらりをこぼれ出てきます。早く食べたいので頑張ってごろごろ
挽きたてきなこをあつあつのみたらしだんごにふりかけると、
おだんごの熱であたためられて更に香ばしい香り♪
白いの2本、黒いの1本で出てきたみたらし。
黒いのはゴマかと思ったらこれも黒豆でした。どこまでも黒豆づくしなのね
同じくきなこをたっぷりとかけたわらび餅もちょっとわけてもらったら、
これまたもっちりと弾力があって美味しかったです♪
挽きたてきなこ090103
石臼挽くのが楽しいので、お食事よりも甘味目当てで訪れたいお店でした
挽きたてきなこの美味しさは必食ものです

あまり欲張らずに早めに帰るはずだったけど、結局このあと清水寺や六道珍皇寺などをまわって帰路についたのは夕方になってからでした(^ー^ゞ
それにしても訪れる度に行きたい所が増えてしまう京都。1月10日からは冬の非公開文化財特別公開も行われるのでしっかりチェックしなくちゃ


Comment:0
2009
01.03

六波羅蜜寺で皇服茶をいただく

Category: 日本のお茶
元旦に自宅でいただいた“大福茶”、起源は天暦5年、六波羅蜜寺の空也上人が都に流行していた疫病退散を願って、中に梅干しと結昆布を入れ仏前に献じた茶を病者に授け、念仏を唱えられたところ、たちまち病魔が鎮まったと伝えられているものだそうです。
これにあやかり村上天皇が毎年元旦に飲むようになったことから、「皇服茶(または王服茶)」と呼ばれ、またそれが吉字をあてて“大福茶”とも呼ばれるようになったのだとか。
その皇服茶が六波羅蜜寺でお正月の三が日にいただけると知り、
詣でてきました。お正月の京都なんてものすごい人出なのでは
と思っていましたが、詣でる場所がたくさんあって、ほどよく分散されるのか
それほどでもなくわりとのんびりしたペースでまわれました。
(ただし清水寺と駅とは混んでましたやはり人出はすごいようです

皇服茶090103
梅や昆布のうまみが感じれて、ほんのり優しい味わい。
お正月にお寺でいただく皇服茶はとりわけ有り難く、ご利益ありそう♪
皇服茶には身につける小さなお守りもついているので、
これで身の守りは万全です

こちらの六波羅蜜寺では“福徳自在初稲穂”の無料授与も有り。
まず稲穂を受け取り、そこに朱色の「大福まいり 六波羅蜜寺」と
書かれたお札をつけてもらいます。
そしてさらにそれぞれのお願いにあったお守りやお札を選びます。
この追加のお守りやお札は有料。
追加のお札はつけるもつけないも自由のようでした。
こういうお守りを見るのは初めて。
自分好みのお守りができるなんてなんだか楽しい♪
私は家内安全のお守りをつけていただきました。
色々つけると下の写真のような豪華版になります♪
お札090103

ところで中国でも「元宝茶」「福円茶」というお正月に飲む縁起もののお茶があるそうですが、いったいどのようなものなのでしょう?
知っている方がいらっしゃったら是非教えてください


Comment:0
2009
01.02

杉林渓龍鳳峡高山茶

Category: 中国茶
今年最初のお茶は大福茶でしたが、
お正月にはやはり美味しい中国茶もいただきたい♪
お客さまが帰られたあと、ほっと一息つきつつティータイム。
以前にちょしさんからお土産でいただいた“杉林渓龍鳳峡高山茶”です。
小さめの磁器の茶壷を使って丁寧に淹れていただいていると、
ほわっと身のうちからお茶の香りがしてくるようで良い気持ち♪
今年も美味しいお茶にたくさん出会えますように
杉林渓龍鳳峡高山茶090102
お茶請けはおせち用に炊いた丹波の黒豆です。
圧力鍋を使ったおかげかとろけるような柔らかい食感♪
栗のような甘みに大満足♪♪♪さすがは丹波の黒豆

本日、好評だったのは柳桜園茶舗さんの“手炒り焙煎焙じ茶”
こちらは土曜日限定で販売されているほうじ茶です。
鳥獣戯画のデザイン缶は可愛らしいのでお土産にもぴったり♪
柳桜園茶舗ほうじ茶090102


Comment:6
2009
01.01

明けましておめでとうございます

Category: 日本のお茶
本年もどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

新しい年がやってきて、
まっさらのカレンダー、お正月飾り、縁起物に囲まれる食卓。
何が、という明確なものがあるわけではないけど、
新しいスタートをきったような気持ちです。
この気持ち、いつまでも忘れずに1年を過ごしたい、と
毎年思うのですが。。。今年は頑張れるか!?いや頑張りたい!
そんな気持ちを忘れないために今年のお正月はいつもより丁寧に支度。

今年のお祝いのお膳には大福茶を添えました。
お茶に梅干や結び昆布を入れたもので無病息災を願っていただく縁起ものです。
年末に北野天満宮でいただいてきた“大福梅”と、
錦市場で見かけた“寿”の字にカットしてある昆布を入れました。
お目出度さ満点♪有難く頂戴しました
大福梅090101

寒さが厳しい元日。外に出ると体がしゃきんとします。
初詣2009
今年も良い年でありますように!私にも皆さんにも♪

【おまけ】
最近飾り瓦に興味をお持ちの方がいて、私も少しだけ協力(^-^)v
お出かけ先で飾り瓦を見かけるとぱちり(今日も↓の2枚をぱちり)
これが気にしてチェックしてみると結構色々あるんです。
鬼瓦や桃瓦はよくあるけれど、他にも色々なバリエーションがあるらしく。
私もちょっとはまりそう(笑)
でも上を向いて歩いているので首が痛くなっちゃうのです(笑)
飾り瓦090101


Comment:4
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。