--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
07.31

よーじやカフェ

Category: お出かけ
嵐山散策も終え、待ちに待ったランチタイム♪
今朝は早出だったので朝ごはん抜きだったんです(>_<;
もーーっおなかぺこぺこ!
今日のランチは絶対“よーじや”さんと決めてました!
いわずと知れた京都の有名店、あぶらとり紙のよーじやさんのカフェです。
数年前に羽田空港で見かけて初めてカフェの存在を知ったのですが、
普段コーヒーショップには全くといっていいほど無縁なのに、
なぜかあの顔のマークの描かれたカプチーノが飲んでみたかったんです(^ー^ゞ
でも結局空港利用時には毎回時間の都合がつかなくて。。。
今日は積年の念願(!?)を成就すべく行って参りましたp(^▽^)q
よーじやカフェ090731-1

ランチは“和風オムライス(サラダ付)”をオーダー。
ひじきや枝豆の入った和風ライスにとろ~りあんかけソース♪
玉子の上にたっぷりかかっている大根おろし&なめたけも合ってて美味しーい♪
生麩や色とりどりのあられのトッピングもポイント高かったです。
よーじやカフェ090731-2

そしてそして念願の(!)あのお顔とご対面♪
ラッキーなことに期間限定で“抹茶ラテ”がメニューに登場していたので、
迷わずこちらをオーダー♪運ばれてきたカップを見てにっこり大満足
よーじやカフェ090731-3
来店の動機は単にこのお顔マークのドリンクが飲みたかったから、というだけなのですが、店員さんの接客もいいし、ランチはお値段がお手頃なうえに和風テイストあふれる内容でお味もよく、結構オススメです♪パスタも日替わりで2種類あり、この日は九条ねぎや丹波しめじ、かぼちゃなどが使われていてどちらも美味しそうでした。1度来店してお茶したらそれでもう満足かなぁ、などと失礼にも思っていましたが今度はパスタも食べてみたいです♪


スポンサーサイト
Comment:4
2009
07.31

嵐山ミニ散策

Category: お花
法金剛院(こちらこちらの記事で紹介してます♪)を後にして、お次は嵐山へ。
天龍寺の蓮の花はすでに見頃が少し過ぎているようでした。
写真の一画はその中ではまだきれいに咲いているほうでしたけど、
それでも花びらが散ったあとの花托が大分目につきます。
天龍寺の蓮090731

朝早かったので、この時点でまだランチまで少々時間あり。
せっかく嵐山に来たのだし、ここはあの風景を見に行こう、と散策を続行。
あの風景とはもちろんコレ♪竹林の小径です(^^)♪
嵐山散策090731

“野宮神社”の黒木の鳥居にかぶさるように枝を伸ばしているもみじや
苔のじゅうたんもとってもきれい♪
嵐山って緑が魅力的な風景をつくりだしてて美しいですね♪
野宮神社の苔090731

“よーじやカフェ”さんでランチをいただいたあと帰路についたのですが、
帰り道に渡月橋から見た風景がとっても気持ちよさそうに見えたので
船遊びしたくなりました♪トロッコ電車に乗って、上流から船で川下り。
う~ん♪いいかも♪♪♪
桂川090731

“渡月橋”
渡月橋090731

本日のドリンクは“白烏龍”です。烏龍茶と白牡丹とのブレンド。
冷凍庫できんきんに凍らせて持参。初めて飲みましたが渋みがあまりなくさっぱりとしているので夏のおでかけのお供に良いです♪
白烏龍090731
ペットボトルのお茶はあまり買わないように心がけているのですが、
中国茶モノを見かけるとついつい手を伸ばしてしまうんですよねぇ(^ー^ゞ


Comment:2
2009
07.31

法金剛院の観蓮会②

Category: お花
法金剛寺の観蓮会① の続きです。)

法金剛院090731-10

“仏足石“です。仏足蓮の鉢はこの仏足石の前に置かれていました(^▽^)
法金剛院090731-11
続きを読む
Comment:2
2009
07.31

法金剛院の観蓮会①

Category: お花
法金剛院090731-1
今朝は特別早起きして京都の“法金剛院”へ。
こちらの庭園は極楽浄土を模して造られたといわれていて、四季おりおりに様々な花が楽しめるのだそうですが、そのなかでもとりわけ有名なのが蓮の花です♪
極楽浄土には青、黄、赤、白色の蓮の花が咲いているといわれているそうで、それを再現するために、インド・中国・ベトナム・アメリカ等世界中から4色の蓮の花が集められたのだそうです。それを聞いてから是非行ってみたいものだと春から楽しみに待っていたのですが、いざ時期になってみるとなかなか時間がつくれず観蓮会期間ぎりぎりの今日やっと行くことができました。
蓮の花に青や黄色があるなんて!?これは是非見てみたいと思っていたのですが、果たして当日咲いているかどうか??どきどきしながらの訪問でした。
するとなんとラッキーなことに黄色の蓮の花が入り口に近い所で1輪キレイに咲いていました♪もうこれには大感激デス♪♪♪
法金剛院090731-2

黄色の蓮の花アップです♪
法金剛院090731-3
続きを読む
Comment:0
2009
07.29

初・夏の製茶

Category: 日本のお茶
先日、母子で摘んできたお茶の葉。
どのようなお茶を作ってみようかと思案していたのですが、
春と違い気温が高く、発酵の進み具合が早そうだったので、
今回は緑茶はパスすることに。
とりあえず紅茶と、あと青茶も作ってみたい♪
夏の青茶といえばやっぱり“東方美人”よね(*^-^*)b
なんていって、出来るのかしら!?
どちらも結局紅茶じゃない!?という結果になりかねないわ(笑)
とひとりごちながら、とにかく手探りで作ってみました。
紅茶×2、青茶×2の計4ロット。
それにしても暑い時期の製茶ってつらいですね~(>_<;
汗でぐっしょり。おまけに作業に熱中するあまり水分補給を忘れていたので途中ふらふらになりました(^ー^ゞ しかも一心不乱に茶葉を揉んでいたら手首の筋を違えたようで、製茶作業後、痛くて動かせない状態に
なんてダメな私。。。でも製茶が終わってからでよかった
そんなこんなでやっと今日になって試飲したのですが、
苦労したかいあって、紅茶と青茶、両者の違いがきちんと確認できました♪
まあ、製法が違うのだから当たり前かもしれませんが、
なにしろ青茶のほうは初めてで勝手もわからず手探りで作ったので、
本当に恐る恐るの作業だったんです(笑)なのでちょっと感激でした♪
私が小学生だったら夏休みの自由研究はこれでクリアなのにな~
青茶090729
そのうちに両者、じっくりと飲み比べしてみようと思います。
(写真のお茶は青茶のほうです。)

※青茶は東方美人をイメージして製茶したもので、
  実際には東方美人ではありません。
  茶葉もウンカにかまれていませんし、
  なによりつくり方もあやしいものなので。。。
  その点、どうぞご了承ください。


Comment:0
2009
07.26

おまけのお楽しみ♪

Category: おうちごはん
お茶摘みから帰宅してすぐに、少し湿っている茶葉を乾かすために、
広げて扇風機の風にあてました。さて、この茶葉これからどうしましょう?
実は天気がかなり悪そうな予報で茶摘自体もできるかどうか疑わしかったので、
あまり製茶について真面目に考えていなかったんですよねぇ。。。(^ー^ゞ
前回より量がとれたので、製茶以外に何かしたいケド。。。
先日食べたお茶の佃煮が美味しかったので半量使って、佃煮にしてみようかしら?とも思ったのですが、あいにく材料がそろわず。
といって、生茶葉だけだとあまり美味しそうじゃないし。。。
結局最もお手軽な天ぷらにしました。小エビと茶葉のかきあげです。
茶葉が焦げないように、でもエビにはちゃんと火が通るようにと思い、
茶葉とエビとの2層仕立てにして揚げてみました。
盛り付けると単に小エビの天ぷらみたいに見えるので、
単品で揚げておいた茶葉の天ぷらをトッピング♪
この時期に茶葉の天ぷらを食べるなんて初めてです。
茶葉天ぷら090726
ざるうどんと一緒に美味しくいただきました♪
それにしても茶摘みの後に天ぷら揚げるのはキツイ。。。
夜のうちに緑茶を作ってしまおうかしらとも思ったのですが、眠気には勝てず、
残りは紅茶を作ることにして即就寝しました。明日。。。絶対頑張ろう。。。


Comment:0
2009
07.26

母子の二番茶摘み

Category: 日本のお茶
5月にお茶摘みに行った母子(もうし)へ二番茶を摘みに行ってきました♪
前日の日中にバケツをひっくり返したような雨が降っていたので期待薄だったのですが、当日の朝は晴れて、蝉の鳴き声もうるさいくらいだったのでひと安心。
。。。していたのですが、山のお天気はやっぱり難しいですね!
現地まで車であと10分ほど、というところで再び昨日のような大雨が
もう前も見えないくらい激しく降ってくる雨を暗澹とした気持ちでただ眺めるしかありませんでした。お天気がイマイチなのは覚悟していたのですが、摘めなくても、せめてお茶畑くらいは見て帰ろうと思っていたのにこれではそれすら難しい状況。
はるばるやってきたけど全く無駄足になってしまったな。。。と思いながらも、
携帯も圏外で、連絡をつけたくてもつけれない状況なのでとにかく現地へ。
バスに揺られながらがっくりと頭を垂れていたのですが、意外にも、
降りるころには雨がほとんど止みそうになって、ほんのちょっぴりですが、
雲の切れ間から青い空が♪先ほどの激しい降りを思うとまさに奇跡♪
到着後、雷がまだなっていたのでしばし屋内で待機していたら、
お天気が小康状態になったので今のうちに茶畑へ。

まさにミラクルなこの状況♪
竹ぼうきで葉についた雨粒を払ってやっとお茶摘み開始です!
在来種茶摘090726-1

5月のお茶摘みの時にはやぶきたを摘みましたが、今回は在来種の畑へ。
この畑の生産者の方はやぶきたは一番茶のみしか摘採されないのだそうです。
理由は農薬を使わないため、虫がついて葉がぼろぼろになるから。なのでこの時期には剪枝をし、刈り取った葉はマルチングに使用されるのだそうです。
在来種のものは木の持つ力が強いのか、茶葉はとても綺麗な状態です♪
やぶきたのように単一の品種でまとまっているのではなく、
同じ畝の中に明らかに違う品種と思われるものが数種入り混ざっている状態。
チャの木は多殖性植物なので、実生で育てると雑種になります。
昔は実生の木を育てていたでしょうから、こうした状態を生むのでしょうね。

“バリエーション豊かな在来種のチャの木”
在来種茶摘090726-2

在来種茶摘090726-3

様子の違った木が入り混じっているの分かります??
在来種茶摘090726-4

虫食いもほとんどない綺麗な葉はお茶の木のもつ強さのおかげもあるのでしょうが、この小さな生き物たちの活躍もきっと大きいのでしょう。
在来種茶摘090726-5

在来種茶摘090726-6

先月の岩手でのお茶摘みでも感じましたが、在来種の茶摘みは株ごとに葉の大きさ、形などそれぞれが違っているのでその姿を眺めながら摘んでいると飽きるということがありません。
葉が小さいもの、肉厚で硬い葉、大きくて柔らかい葉、茎が柔らかくてぽきっと気持ちよく折れるもの、反対に繊維質で硬く折り口がぎざぎざになるもの、手摘みという作業からしたらこうした個性の差は効率が悪くなる要因なのかもしれませんが、普段こうした現地の風景に親しむことのない私には楽しいかぎりです♪

茶摘みの合間に伺うお話しは必ずしも明るいものばかりとは限らず、日本のお茶をとりまく厳しい現実に身につまされることもありますが、そうした中で意欲的に取り組んでおられる姿には大いに感じるところがありました。
この風景を守るために私ができることといったら、ただもうお茶を飲む、というそれはそれは小さいことだけ。はなはだ微力ではあるのですが、それでもそこにいくばくかの意味はあると思いたいです。。。

在来種茶摘090726-7
そういえば、茶摘みを終えて車に戻ったとたんにまた激しい降りに
あまりのタイミングにびっくりしました。
摘んでいる間はむしろじわっと暑くなってきて、茶葉についた雨粒もあらかた乾いたような状態になってきていたのに。。。まるで茶摘みの間だけ待っていてくれたみたい。おかげでこれなら製茶にも問題なさそうです♪
私にとっては今年最後の茶摘み。今年最後の製茶。
ほぼ諦めかけていただけに、とても嬉しい展開になってきました♪
さぁ!帰宅してからも頑張らなくっちゃ!




Comment:0
2009
07.25

桃プリン

Category: おうちごはん
すでにたっぷりと堪能した地元特産の桃ですが、
傷アリで安くなっているものを見つけたので、またまた購入してきました♪
見た目はあまりよくないので、桃プリンに変身!
レシピによるとイメージはマンゴープリンの桃バージョンなんだそうです。
プリン生地はあっさりめな分、桃の濃厚な甘さがひきたっています♪
桃は加熱しないで加えているのでフレッシュな風味が活きていて、
ジューシィな美味しさちょっと大きめサイズだけど、全然OKです
冷たいスイーツなのでお茶はあたたかいものを合わせてみました。
本日のお茶は梨山野生茶。
この香ばしくも深い甘みが桃の甘さにとっても合うんですよね~♪
桃プリン090725

ところで先日のお茶の種はこんなに大きくなりました♪
大きくなって鉢の中でぎゅうぎゅうと押し合ってずいぶん窮屈そうに。。。
夏なので植替えにはどうかな?と思ったのですが、このままではもやしのようになってしまいそうだったので、思い切って本日決行!
根がとても深く伸びていました。
お茶の根っこ090725
お茶の木のある生活っていいなぁ、とかつては思っていたけれど、
今では願いが叶いすぎて植える場所に困るほどに(笑)
まだまだ何年も先の話だけれど、今度はこの苗が大きくなって、
製茶は無理にしてもお茶の新芽の天ぷらくらいは楽しめるようになるといいな♪


Comment:0
2009
07.24

鱧のたまご

Category: おうちごはん
関西の夏の味覚を代表する食材のひとつ、鱧。
高級食材ですがスーパーでもよく見かけます
少し前から見つけて気になっていた鱧のたまごを買ってみました。
鱧のたまごなんて初めて
どうやって食べようかしら?とネットで検索をしてみると、
卵とじで食べるのが一般的だったようなので玉子丼にしてみました♪
生姜をきかせた薄味のおだしで炊き、このままだとお箸でつまんだ時に
ほろほろと崩れてしまうので卵でとじます。
薄味なのでちょっと物足りないかしら?と思ったのですが、
鱧のたまごがほんのり塩気もあって、味も濃かったので、
全然気になりませんでした。普通の玉子丼よりずうっと美味しいー♪
なにより、たまごだとお値段がリーズナブル(^-^)♪
旬で、美味しくて、お値段がお手頃、やっぱりおうちごはんはこうでなくちゃ

“鱧のたまご<生>と玉子丼です”
鱧のたまご090724


2009
07.23

ほうじ茶ラテのソルベ

Category: おうちごはん
ずーっと以前にお友達からいただいたお菓子のレシピ本。
お茶請けに作ったみたいと思うものや、お茶を使ったものなどが載っていて、
お茶好きの私のためにじっくりと選んでくれたのが分かるものだったので、
もらった時にはとても嬉しかった♪
プレゼントって込められた気持ちが一番の贈り物ですよね♪

本に載っているレシピはとても手軽で簡単なものばかり♪
もしかして私の面倒くさがりも見抜いてた(笑)??
暑い夏にぴったりな“ほうじ茶ラテのソルベ”もそのひとつです。
ほうじ茶の香ばしさと牛乳のミルキーな甘み。
しゃりしゃりさくさくの食感が心地よくいくらでも食べたくなる美味しさです♪
ほうじ茶ソルベ090723
ほうじ茶は焙煎がしっかりしたものがオススメ♪
母子茶のお茶摘みの時にお土産にいただいたほうじ茶を使いました。

そういえば母子では今度の日曜に在来種のお茶摘み体験ができるようです。
急なお知らせだし、天気予報を見てもすっきりしないお天気のようなのですが、
申し込みがあれば少数でも実施されるそうです。(但し雨天中止ですが)
お天気次第だけど参加してみようかしらと思っています。


Comment:2
2009
07.21

お茶の佃煮

Category: 日本のお茶
茶殻を有効利用しようということで佃煮のレシピが紹介されているのを時々見かけますが、これは生茶葉を使用したものです。
茎わかめ、葉唐辛子、山椒が入っていて、香りや食感もよく、美味しい♪
お粥のお供にいただきました。
生茶葉が手に入れば是非作ってみたい一品です。
宇治茶しぐれ



Comment:0
2009
07.20

HOTでほっと♪

Category: 中国茶
届いた包みを解いて、久しぶりに熱いお茶を淹れました。
蒸し暑くなってきて、口当たりのいい水出しのお茶ばかり飲んでいたので、
温かいお茶を家で淹れるのは数週間ぶりです。
汗をかきかき飲んでいるのに、なんとなく爽快な気分。
お腹の底から力がわいてくるような感じがしました。
暑いからといって冷たいものばかり飲んでいたらだめですね。
しみじみと感じたティータイムでした(^▽^)

“千年古茶青プーアール2002秋冬晒青2級&りんごブッセ”
千年古茶青プーアール2002秋冬晒青2級090721
そういえば昨夜は雷鳴とどろく嵐のような夜でした。。。
あまり雨の降らない梅雨だったのに、
ここにきてどんよりしたお天気が続いてます。
関東はもうとっくに梅雨明けしてるのにね!
水曜日の部分日食を見ることはできるのでしょうか?
お天気早く回復しますように!


Comment:0
2009
07.04

満願寺

Category: お花
奈良時代に創建され、源満仲が帰依してからは源氏一門の祈願所として敬われたお寺だそうです。とても歴史のあるお寺なんですね♪
山門の金剛力士像(阿形、吽形)も鎌倉時代のものなのだとか。
満願寺090704-1

雨上がりの境内。草葉についた露がきらきらしてキレイ♪
満願寺090704-2

満願寺090704-3

もみじの赤い軸と緑の葉っぱのコントラストもキレイ♪
満願寺090704-4

こちらのお寺にもお茶の木がありました♪
満願寺090704-5
こちらのお寺には坂田金時(幼名:金太郎)のお墓がありました。
あの昔話に出てくる“金太郎”です!
こんなところにお墓があったなんてびっくりです!
そういえば川西市のシンボルキャラクターは“きんたくん”といって金太郎の姿をしているんです。これって川西市が金太郎にゆかりのある土地だからだったのですね!。。。って今更気付くなんて遅すぎだよ私~(汗)

満願寺
〒665-0891 兵庫県川西市満願寺町7-1
周囲を宝塚市に囲まれた、川西市の飛び地の中にあります。



Comment:0
2009
07.02

気仙のお茶摘み旅④

■いよいよ茶摘みp(^▽^)q

心配していた雨も早朝起きた時にはすっかり止んでいて、
時間がたつごとに空も明るくなってきました♪ホントによかったわ(^▽^)
お茶摘み01

一株ごとの株仕立て在来茶園。普段見慣れている列状に植えられた整然とした茶園の木とは違い、1本1本がのびのびと大きく育っています。
お茶摘み02

つやつやぴかぴかの美しいチャノハはもうこのままでも美味しそう(笑)
お茶摘み03

お茶摘み04

お茶摘み05

お昼ごはん~(^▽^)♪
おつゆの中には三角のお豆腐。この切り方、初めて見ました!
この地方独特のものなのかしら??
お茶摘み07

そして手づくりのきびだんごをふるまっていただきました♪
たくさんすすめて下さるのですが、かなりボリュームあるので、
1個食べるのが精一杯(食後ですから(笑))でもこれがまた美味しいんです♪
お茶摘み08

ひと休みしたら午後からもうひと仕事!まだまだ摘みますよ~(^▽^)v
柔らかい新芽がたくさん出ているのを見つけると宝の山を発見した気分
お茶摘み06

みんなで熱心にもくもくとひたすら摘んだ甲斐があり、目標量はクリア
実はこの摘んだ生茶葉を使ってのお茶づくり、私もちょっぴりお手伝いします!
お茶摘み09


Comment:0
2009
07.01

気仙のお茶摘み旅③

■前夜祭(*^▽^*)

“宴の始まる前”
前日07

ウニ入りの釜飯炊飯中。気になって中が開けてみたくて仕方ない(笑)
前日08

まずは乾杯♪美味しそうなお料理もそれを合図に次々に運ばれてきます♪
お造り盛り合わせに天ぷらなどなど海の幸をメインとしたとても食べきれないボリュームのお料理です
前日09

ド迫力のマグロのカブト焼き!ほぐした身はとろとろです♪
たっぷりの大根おろしと一緒に食べると脂ののった身がいっそう美味♪
前日10
海の幸てんこもりの豪華ディナーを前にしてついつい食べ過ぎてしまった。。。
明日が本番ってこと忘れてないか?私(^ー^;??


Comment:0
2009
07.01

気仙のお茶摘み旅②

■合流♪

テレビや新聞の天気予報をひととおり見終わったところで、
焙茶工房しゃおしゃんの前田さんと合流(^-^)♪
お天気の心配をしながら明日のための買い出しなど用事を一通りすませつつ、
昼食に美味しい“磯ラーメン”を賞味♪塩味のスープはまるでお吸い物のようで、
うまみたっぷり♪真ん中にどんと乗っている帆立もぷりっぷり♪美味しすぎるっ♪
前日01

地元でよく食べられているという“ほや”も味見。
初めて食べましたが香りが強くてちょっとクセがありますね~
酢の物にしたほうが私は食べやすいかも(^ー^;
前日02

茶畑のチェック。雨はやみそうにありません。。。
前日03

こちらは畦畔茶。田畑の境界に沿ってチャノキが植えられていたものです。
前日04

宿に荷物を置いてちょっと休憩。お茶を淹れてほっとひと息。(青プーです♪)
前日05

前田さんもお茶を淹れてくれてプチお茶会!?気分(^-^)♪
前日06
このままのんびりお茶三昧といきたいところですが、今夜は前泊組のお茶摘みボランティアさんたちと前夜祭なので、再びお出かけしてきまーす


Comment:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。