--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
09.26

特別無料公開@逸翁美術館

Category: お出かけ
逸翁美術館090926
逸翁美術館が移転工事を終えて10月からいよいよOPEN!
今日は開館にさきがけて無料公開をされていたので行ってきました♪
10月4日からの展示と同じ、新・逸翁美術館開館記念特別展 
“茶人逸翁 茶の湯文化と小林一三”を見ることができます。

小林一三氏(雅号:逸翁)は、阪急電鉄・阪急百貨店・阪急東宝グループの創業者として知られる大実業家だそうです。
宝塚歌劇団の創始者もこの方なのだとか。
なので地元では名前をよく知られている方なのですね。
展示を見ている間もそれを思わせる会話がちらほらと聞こえてきました。

全体を通して特に印象に残ったのは道具立てで、茶事というと形式ばった堅苦しそうなイメージなのですが、銀や鼈甲のナプキンリングが蓋置に、赤絵金襴手を写したセーブル窯の壷は蓋をつけて水差に、またガレの小瓶に牙蓋をつけて茶入に見立てたり、「こんなのアリなの?」という驚きがいっぱい!そしてそれがまたなんとも素敵♪型にとらわれない自由でお洒落な感性にはとても驚かされました。
(パネルに茶会の様子を写したものがありましたが、菓子鉢の中に丸いパンケーキのようなものが積んであったのにもびっくりしました!)

もちろんそうした西洋の物ばかりでなく、他のお道具もとても素敵で、
茶道具の知識なんてまるでない私が見ていても楽しめました。
蒔絵で描いた紫陽花の花弁に錫の切金を置いて、紫陽花の花の微妙な色合いを表現した棗の渋い落ち着いた雰囲気も素敵だし、
「夕紅葉」という銘の黒楽朱釉茶碗は黒地にほんのり浮かぶ朱釉が色の深みを増していて美しく、このお茶碗でお茶を点てたらさぞ美しいだろうなぁ、とうっとり♪
パンフレットの写真にもある赤いお茶碗は“家光公”という銘のものなのですが、
これは実は複数のお茶碗の破片を金泥で継いだものなんですって!
柄もうまくあわせてあるので、別のお茶碗を継いだようには見えません!
継ぐのが難しい三代目を継承して、幕府の基礎を築いた徳川家光にかけて「よく継いだ」と、逸翁が“家光公”という銘をつけたものなのだそうです。
と、あれもこれもと書き出すときりがないくらい、
どの道具も興味深く拝見させていただきました♪

旧・逸翁美術館は小林一三氏の住まいだったところでもあり、とっても風情のある素敵な建物だったようなので、そちらの時にも行ってみたかったです。
でも来春に小林一三記念館としてOPENするようなので雰囲気を味わうことはできるのかも♪まだまだ先ですが機会を見つけて行ってみたいと思います


スポンサーサイト
Comment:0
2009
09.23

野点♪

Category: お出かけ
日頃の運動不足を反省して!?本日はウォーキングDAY!
池田の“五月山動物園”に行ってみました。

ウォンバットはお昼寝中なのか外に出ていませんでした。
ワラビーのご飯の食べ方が可愛い~♪とってもお上品なのね♪
ピクニック090923-1

池田城跡公園へ。秋の草花がたくさん咲いていました♪
ピクニック090923-2

かわいいピンクの秋明菊♪と白彼岸花。
ピクニック090923-3

茶室のそばのチャの木はもうたくさんの花をつけていました♪
ピクニック090923-4

ピクニック090923-5

花を見ながら野点~♪本日のお茶請けはとらやの京都限定羊羹。
“白味噌”と“黒豆黄粉”です。白味噌大好き(^▽^)♪
お食事だけでなく、こうしてスイーツにもよく使われているんですよね~。
そういえば先日伏見稲荷で買ってきたきつねのおせんべいも白味噌味でした。
花びら餅や松風も白味噌が使われているし探せばまだたくさんあるのでしょうね。
ピクニック090923-6


Comment:0
2009
09.22

キンモクセイの香り

Category: お出かけ
今年初めて見つけたキンモクセイ♪
甘ーい香りを吸い込むとなんだかイイコトありそうな予感♪
金木犀090922
(携帯画像より)


Comment:0
2009
09.19

萩の花@常林寺・梨木神社

Category: お花
満月さんの出来立て阿闍梨餅~♪
あったかいうちに食べるともちもち食感が違います!
阿闍梨餅090919

今日の萩の花散策でイチバンだったのはここ♪出町柳にある“常林寺”です。
小さなお寺ですが、境内は満開の萩で埋め尽くされていました♪
常林寺090919-1

参道の両側から流れ落ちる水のように枝垂れている萩は今が盛り♪
常林寺090919-2
通りかかった人たちも門から中の風景を見て「わぁ♪」と歓声をあげながら
次々とシャッターを押していらっしゃいました(^-^)

薄や彼岸花も♪まさに秋の庭といった風情です(^▽^)
常林寺090919-3

帰りに萩まつり中の梨木神社にもよってみましたが、
萩の花つきがちょっとさみしい感じでした。見頃はまだ先なのかしら?
梨木神社090919
夕方から予定があったので、早めに帰るつもりで早朝から出かけたのですが、
気付けば思いのほか時間がたっていて、大急ぎで帰路につきました(^^;
でも萩の花は存分に堪能できたので満足です♪

そういえばこの日は町のあちこちでこの原種の藤袴の鉢を見かけました。
平安神宮をはじめ、神社や民家、店先などなど。
これは絶滅の危機に瀕している原種の藤袴を守ろうと進められている、
「守ろう!藤袴プロジェクト」という活動の一環だそうです。
藤袴090919
鉢の置かれた場所の多さから、
可憐な草花を守ろうとするたくさんの人の力を感じました。


Comment:0
2009
09.19

萩の花@真如堂・迎称寺

Category: お花
泉屋博古館を出た頃にはちょうどランチタイム♪
すぐ近くの“日の出うどん”さんへ行きました。
ここはカレーうどんで有名な人気店だそうです。
お店に着いたらすでに数組の待ち客が列をつくっていました。
待っている間に漂ってくるカレーの香りが食欲を刺激して堪らないわ~(笑)
日の出うどん090919
頼んだのは甘あげカレーうどん。甘いおだしをたっぷり含んだおあげとカレーとの甘辛のコンビネーションが後をひきます♪おだしの効いたカレーのおつゆが美味しくて残さず完食♪
外出先でカレーうどんって、服を汚してしまったらどうしよう?と考えてしまうメニューですが、こちらでは紙のエプロンをくれるので安心です(^-^)

食後に向かったのは真如堂。強い日差しをうけてもみじの葉が輝くよう♪
真如堂090919-1

萩の花は少なめでしたが、ここでは青もみじを堪能しました。
今はひっそりと静かな境内ですが、紅葉シーズンに人気があるのも頷けます。
三重塔のまわりが真っ赤に染まったところなんてキレイでしょうね~♪
真如堂090919-2

真如堂すぐ近くの迎称寺。古い土塀沿いに咲く萩の花は風情があって素敵~♪
迎称寺090919-1

むきだしの土塀と萩の花。
迎称寺090919-2

萩もちょうど見頃でした♪
迎称寺090919-3

吉田山近辺からは大文字がとても近くに感じられました。
途中、イチョウの枝打ちしている所に通りかかって銀杏の匂いに襲われたり(笑)
(通りかかる自転車がどんどん銀杏をつぶしてゆくので(^^; )
路地に入り込んで迷子になりながら北へ北へ。
ここまで来たら“茂庵”さんにお茶しに行ってみたかったのですが、
今日のスケジュールからいって少々無理があったので断念しました。
(実は夕方から地元で予定アリ。。。)
大文字090919
寄り道はほどほどにして本日のテーマ“京都萩の花散策”に専念します!


Comment:0
2009
09.19

幻の京焼 京都瓢池園@泉屋博古館

Category: お出かけ
平安神宮を出て、次に目指したのは“泉屋博古館”です。
いつか行ってみたいと思っていた美術館のうちの一つだったのですが、
平安神宮からもわりと近いし、展示もちょうど興味あるものだったので、
本日のコースに加えました。
泉屋博古館090919

“幻の京焼”という展示が目当てだったのですが、まずは手前の常設の展示室から。常設展“中国青銅器の時代”のみ写真撮影OK(ただしフラッシュ不可)ということでしたのでいくつか撮ってみました。
祭祀用具というだけあって、細工が非常に緻密で美しいです♪
青銅器090919-1

青銅器090919-2


京都瓢池園は明治33年のパリ万博博覧会で日本陶磁器のデザインの立ち後れを痛切に感じ取り、その改良を目指して設立されたものなのだそうです。でもその活動期間は非常に短かかったため現在では幻の京焼といわれているのだとか。
展示の中で気に入ったのは“染付赤壁賦茶銚・煎茶碗”でした。
これで中国茶淹れてみたいわー♪
何度も展示の前に戻ってはかじりつくように眺めていました(笑)
また今の季節にぴったりな桔梗・女郎花・薄の描かれた“染付釉裏紅秋草文珈琲器”のカップ&ソーサーは丸みを帯びたかわいらしいフォルムが絵柄とともにやわらかくやさしい印象で素敵でした♪
あとちょっと目を引いたのが“色絵茶畑文小皿”です。こもをかけた茶畑の風景が描かれていて、皿の底には「宇治焼」と書かれていました。宇治土産として流通させていたものであろう、と解説にありましたが、土産物の絵柄になるくらい宇治ではよく見られた風景なのですね。
他にもたくさん気になる作品がありましたが、今回なによりよかったのは人が少なくて、その分じっくり見れたことでした♪過去の展覧会情報を見ると茶道具関係のものも多かったので、また勉強がてら訪れてみたいです。

HPのクーポン券持参でポストカードいただきました♪
ミュージアムグッズ090919

幻の京焼
特別展“幻の京焼 京都瓢池園”
入館料730円
2009年9月1日~10月12日
休館日:月曜日(祝日の場合は開館)
10:30~17:00(入館は16:30まで)



Comment:0
2009
09.19

神苑無料公開@平安神宮

Category: お花
平安神宮の神苑無料公開にかこつけて京都の萩見に出かけてきました♪
朝イチに到着したので人も少ないかな?と思っていたのですが、
さすがはメジャースポット。早朝からたくさんの人が来られていました。
平安神宮090919-1

萩はちょうど見頃です♪
平安神宮090919-2

秋の草花も色々咲いていました。女郎花に原種の藤袴。
平安神宮090919-3

紫苑と萩。
平安神宮090919-4

他にも平安時代の物語の中に出てくる植物がたくさん植えられています。
平安神宮090919-5

春の主役、枝垂桜は葉がすでに黄に染まって秋の風景に彩りを添えていました。
赤とんぼもうっとりと萩の花を観賞中??
平安神宮090919-6

平安神宮090919-7

臥龍橋
平安神宮090919-8

平安神宮090919-9

秋の空ってとりわけ清々しく感じれて好き♪
平安神宮090919-10
ところで本日、ご朱印帳デビューしました♪
初めてなので分からないことだらけですが、
とりあえずはこうやってお花を見に行ったり、
お参りに行ったりした時にいただいていこうかと思っています。
平安神宮のご朱印帳は四神のデザインの素敵なものでした♪
墨の香りを感じながら、そこに達筆な字でさらさらと書いていただくのを見ていると
こちらまでぴんと背筋が伸びる心地がしました。

【平安神宮 神苑無料公開】
9月19日 8:30~16:30
(通常拝観料金600円)



Comment:2
2009
09.10

京都御苑散策

Category: お出かけ
柳桜園茶舗さんでほうじ茶を買った後、京都御苑をしばし散策。
なんだか空がすごーく広く感じられて、清々しい心地♪
この場所のせいかしら?それとも季節柄??
京都御苑090910-1

御苑では百日紅がまだキレイに咲いていました♪
京都御苑090910-2播磨屋カフェ090910

梨木神社の萩まつりももうそろそろなので萩の咲き具合を偵察に(^m^)
梨木神社090910-1

梨木神社090910-2

ちらほらいい具合に咲いているところもありましたが、全体的にはまだまだ見頃は先といった感じです。萩のメインストリート?はまだ青々としていました。
萩まつりの頃には見頃になっているのかしら?
梨木神社090910-3
今年の梨木神社の萩まつりには行かないつもりだったのですが、
19日には平安神宮の神苑無料公開があるし、
他に行きたい所もあるのでやっぱり見に行こうかな?
その時にはもっと咲いているといいのですが。。。


Comment:0
2009
09.10

伏見稲荷大社

Category: お出かけ
せっかくここまで来てるならと、石峰寺を出た後に伏見稲荷にもお参りに。
それにしても日差しが強いです。肌にささりそう(^^;
まだまだ日傘が手放せません。

“千本鳥居”です。ここはお約束の記念撮影スポットなので人の通りが途切れることがなかなかありません。貴重なシャッターチャンスを逃さず撮影(^-^)v
(ホント一瞬でした(笑))
伏見稲荷090910-1

左へいくか、右へ行くか。。。(辿り着くのは同じ場所なんですけどね(^-^))
伏見稲荷090910-2

どこまでも続く朱のトンネル。。。
伏見稲荷090910-3

参拝者用の休憩所でひと休み♪
伏見駅近くの“都麗美庵”さんで買ってきたカプチーノあんぱんです(^▽^)
あんぱんで有名なお店らしいです。朝のうちに買いに行ったのにもう既に売り切れているものがありました!コーヒー味のあんぱんってどんな味なのかしら?と興味をひかれて買ってみたのですが、コーヒーのほろ苦さであんが甘くなりすぎず美味しーい♪
伏見稲荷090910-4

駅もお稲荷さん仕様になっています(^^)
伏見稲荷090910-5
このまま帰るにはまだ少し時間が早かったので、京都市内で散策続行することに。とりあえずほうじ茶をきらせていたので、柳桜園さんへGO!です。


Comment:0
2009
09.10

特別公開作品@若冲忌

Category: お出かけ
この記事はブロとものみ閲覧できます

2009
09.10

若冲忌@石峰寺

Category: お出かけ
本日(9月10日)は伊藤若冲の命日。
石峰寺で法要が営まれると聞いて行ってみました。

境内の風景は秋の訪れを感じさせながらも。。。
若冲忌090910-1

まだ夏の余韻も。まさかまだ蓮の花が見れるなんて♪
若冲忌090910-2

法要が始まるまで少し時間があったので、五百羅漢を見に行きました。
若冲忌090910-3

若冲が下絵を描いたといわれている五百羅漢。
若冲忌090910-4

釈迦誕生から涅槃までをテーマにした石仏が並べられています。
若冲忌090910-5

お茶の木越しに見る賽の河原
若冲忌090910-6

お堂での法要。中には入れませんが、お堂の前でお焼香させていただきました。
若冲忌090910-8

墓前に供えられた野菜と果物。
お堂での法要が終わったらこちらでも読経。お焼香もさせてもらえます。
若冲忌090910-9

若冲忌090910-10

石峰寺の風景をおさめたポストカード(8枚入)を記念品にいただきました♪
若冲忌090910-11

法要の後のお楽しみは若冲の掛け軸の特別公開♪
人数を区切って順番に建物の中に入っていくので少々時間はかかりますが、
その分ゆっくり見ることができます。ガラスケースに入っていないのでホントに間近で鑑賞できるうえに、なんと写真撮影までOK♪
もう大満足♪大興奮でした(笑)♪
若冲忌090910-12
たくさんの方が法要に参加されていて、人気のほどがうかがえました。
滋賀のMIHO MUSEUMで開催中の“若冲ワンダーランド”に行きたいと思っているのですが、そこもきっとすごい人出なのでしょうね。。。(汗)

【若冲忌@石峰寺】
毎年9月10日
当日は拝観無料(通常300円)。記念品も下さいます♪
そして法要の後、若冲の作品が特別公開されます♪♪♪



Comment:0
2009
09.06

今日もダラダラ♪

Category: お出かけ
今日もやってきたピクニック♪
昨日の経験をいかして、今日はさらに荷物増量です(^^;
ピクニック090906-1

本日は秘密兵器(笑)も持参♪
ピクニック090906-2

そしてお弁当も持参です(もちろん誰かさんのビールもね~(笑))
タンブラーにつめてきたのは中国緑茶の“雲南毛峰” 
それとアサヒの“黒茶”が本日の私の飲み物です(^^)
ピクニック090906-3

食後は空を見上げてダラダラ~♪
ピクニック090906-4

秘密兵器の包みはお抹茶セットでした~(^▽^)
こうした所でいただくお抹茶は開放感があってなかなか良いものでした♪
はらりと頭上から落ちてきた葉で秋らしさを添えてみました。
ピクニック090906-5
涼しい木陰で読書でも♪と思っていたのですが、結局ほとんどの時間をぼーっと景色を見ながら過ごしていました。おかげで頭の中がすっきり!あれこれ考えることも大事だけど、たまには頭をからっぽにしてみるっていうのもいいのかも。
またお抹茶セット持って、あの木の下に行ってみようっと♪


Comment:2
2009
09.06

立頓の奶茶

Category: 本日のお茶
春に杭州に行った時に買ってきていたLiptonのインスタントミルクティーが
まだ少し残っていたので本日の朝ごはんに。
そういえばあの時は、もうスーツケースがいっぱいだったのに、カルフールに行ったらパッケージに惹かれてお菓子や飲料などやたら買いたくなって困ってしまったなぁ(笑)お菓子って結構かさばるんですよね~(^ー^ゞ
ペットボトルの中国茶も物珍しく思えて買いたくなったんだっけ(笑)
わざわざ中国まで行って、やたらこうしたものを細々買い込んでくるなんて。。。
帰国してから荷物を整理していて失笑してしまいました。懐かしい。
本日の朝ごはん090906
お隣のパンは“ベッカライビオブロート”さんのクロワッサンです♪
久しぶりに食べたけど、やっぱり美味しい~


Comment:0
2009
09.05

ビバ!!ダラダラ♪

Category: お出かけ
前夜、突然決まったピクニック♪
午後のひとときをのんびり過ごそうと思ったのですが、
あれもこれもと思いつくままにかばんに詰めていたら、
思いのほか荷物が重量級になっていました(笑)
“のんびり”にはこんなにたくさん物が必要かしら(^ー^ゞ??

冷たーいビールは必須アイテムなんだそうです(笑)
アルコールの飲めない私はお茶でお相伴。
少し分けてもらおうと思ったリラックマのポテトチップ(じゃがバター風味)は気がついた時には全部食べられてしまっていました(^^;
ピクニック090905-1

なのでお茶のお供はミスドのドーナツ。
この“正山小種”のペットボトル茶好きなんです♪
売っている所がすごく限られているのでなかなか飲めないのが残念。
ピクニック090905-2

タンブラーに入れてきたしゃおしゃんさんの青プーアール飲みながら、寝転がって空を見あげ、どんどん形を変えながら流れてゆく雲を眺めたり、木漏れ日に目を細めてみたり。ついうとうとしてしまいそうになるくらいぼーっとしていました。
ピクニック090905-3

あたりはもう秋の気配でいっぱい!
川の向こうのすすきが銀色の波のように風にたなびいていてきれいでした♪
ピクニック090905-4
昼間はまだ日差しが強いので、日焼け止め塗っていても少々焼けてしまいましたが、風は涼しくて気持ちよかったです♪



Comment:0
2009
09.03

ご本尊御開帳@中山寺

Category: お出かけ
所用ででかけたついでに、ご本尊ご開帳中の中山寺へ行ってきました。
つい最近知ったのですが、西国巡礼中興の祖・花山法皇の一千年御忌を迎え、
全札所寺院が順次ご本尊のご開帳を行っているそうなのです。
昨年秋からなので既に公開を終えている寺院ももういくつもありますが。。。
特に巡礼に興味があったわけではないのですが、駅でたまたまパンフレットを見かけて「一千年来初」というフレーズに興味をひかれてのお参りです。

地元では安産のお寺として信仰されているそうです。
中山寺090903-1

“珍しい弁柄漆の狛犬”
中山寺090903-2

お寺には珍しくエレベーターやエスカレーターが設置されているので、
お体の弱い方でも割合と楽にお参りすることができます。
中山寺090903-3

“遠くからもよく見える大願塔”
中山寺090903-4

“色鮮やかな閻魔堂”
中山寺090903-5

中山寺090903-6
梅林も有名で、今年の梅シーズンに行ったことがあったのですが、こうしてお参りに来て、境内をじっくりまわってみるとまた違った雰囲気が味わえました。
(というかこっちがホントなのよね(汗))
ちょっとしたきっかけからお参りに来てみたけど、
札所めぐりにも少し興味わいてきたかも!?


【紫雲山 中山寺】
ご開帳期間:平成21年9月1日~30日
        平成22年5月1日~31日
こちらのお寺では毎月18日にもご本尊が御開帳されているそうです。



パンフレットの表紙は中山寺です
西国三十三所めぐり


Comment:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。