--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
11.29

今日のおやつはたま木亭♪

Category: ぱん
先日の宇治行きで念願の“たま木亭”さんについに行ってきました♪
こちらは絶大な人気を誇るパン屋さんで、ちょっとアクセスが不便な場所にありながらも早朝からひっきりなしにお客さんがやって来る人気店です
棚にぎっしり並べられたパンは種類豊富なうえにどれも個性的で魅力的♪あれもこれも買いたくなってトングを手に悩むことしきりでした(^ー^ゞ

本日のおやつはそんな“たま木亭”さんでの戦利品の中から、
“瓦クリームパン”(左)と“薩摩ブリオッシュ”(右)をいただきました。
瓦クリームパンはやや固めで濃厚なカスタードクリーム&トップにビスケ生地。
薩摩ブリオッシュのほうはオレンジのブリオッシュ生地に大きなさつま芋がごろごろ入ってアーモンドクリームも使用。とても美味しくいただきましたが、甘くて濃厚タイプのパンなのでお腹いっぱいになります(^^)
たま木亭091129
四川紅茶を淹れました。パンが甘いのでもう少しスモーキーなタイプの紅茶をあわせればよかったかしら??

朝イチの訪問で、その後のスケジュールがぎっしりだったため、あまり買い込めなかったのが残念です。また必ず訪問して今回買えなかったパンの数々を賞味したいわ♪今回は甘いもの中心に購入したので次回はお食事系やハード系のパンも買いたいな。春に宇治川のほとりで桜を見ながらぱくつくのもいいかも(^-^)♪

可愛いデザインのショップカード♪
たま木亭ショップカード
【たま木亭】
〒611-0011京都府宇治市五ヶ庄新開14-91
tel:0774-38-1801
open:7:00~19:00
定休日:毎週月・火曜日



スポンサーサイト
Comment:0
2009
11.29

名もなき名所

Category: お花
新緑の時に訪れて、きっと紅葉もとても綺麗だろうなぁ♪と思っていた場所。
訪れたタイミングが遅かったみたいで、すっかり見頃を過ぎていました。。。
紅葉の穴場♪1

葉が落ちてすっかりさみしい雰囲気の中、辛うじて残っているものだけでもこれだけ綺麗なのだから、見頃に来ていたらどれほどすごい景色だったのでしょう
紅葉の穴場♪2

来年は絶対ここで最高の紅葉見るぞー
紅葉の穴場♪3


Comment:2
2009
11.28

宇治の紅葉

Category: お花
三室戸寺でのお参りの後はお待ちかねのランチタイム♪
宇治でのランチは思いっきり観光客モードで“鮎宗(あいそ)”さんです(^^)
あらかじめ予約して宇治川の見える席をキープしてもらいました。
ランチ091128-1
こちらのお店では餅米のおこわに鰻の蒲焼が乗った“鰻いいむし”が名物なので、
この鰻いいむしと茶そばのついたセットを注文しました
見た目がちまきっぽい鰻いいむしはタレをかけてお好みで味を調整していただきます。結構うす味なのでタレは多めにかけるくらいがいいかも。
茶そばは温・冷が選べたので温かいものをチョイスしました
ランチ091128-2

お腹いっぱいになった後は宇治の紅葉めぐり
福寿園さんの入口付近の紅葉がとってもきれいでした♪
散策091128-1

興聖寺の琴坂は紅葉の名所なので、この日はたくさんの人が歩いていました。
ホントは参道(琴坂)も入れて紅葉の写真が撮りたかったけど、人や車の通りが多かったので、紅葉だけ撮りました。
きれいに色づいている木が多いだけに、カメラを手にしている人はこの付近が最も多かったような気がします。
興聖寺091128-1

紅葉で華やかに彩られた参道とは違って、境内は凛とした雰囲気。
興聖寺091128-2

宇治茶で一服して、更に散策。
散策091128-2

宇治上神社付近の紅葉も見頃でした♪
宇治上神社091128-1

紅葉に誘われてか、いつもより参拝の人が多いような気がします。
宇治上神社091128-2

“源氏物語ミュージアム”への小道もきれいに色づいていました♪
源氏物語ミュージアム091128-1

ミュージアムでは、幻の写本「大澤本源氏物語」全54帖を29日まで公開されているとのことでしたので、そちらを見学に。
源氏物語ミュージアム091128-2
駆け足で宇治の観光スポットをまわって行ったけどここでタイムアップです。
宇治はお店が閉まるのが結構早いんですよねぇ(^^;
帰りにお茶でもと思ったけど平等院の参道沿いにあるお店は軒並み閉まっていて、通りも暗くなっていました。。。(^ー^ゞ
宇治では早朝からの行動が鉄則だわ!
今日行けなかった所や、また行きたい所、まだまだあるので今度は宇治の桜を見がてらまわってみたいです


Comment:0
2009
11.28

西国第十番札所 明星山 三室戸寺

Category: お花
宇治の紅葉を見がてら、ご本尊ご開帳中の三室戸寺へお参りに行ってきました。
紫陽花や蓮の花で有名なお寺なのでシーズンには是非行ってみたいと思いつつ、この日が初訪問です。紅葉の穴場でもあるそうなので期待大です♪
三室戸寺091128-1

三室戸寺091128-2

手前が紫陽花園で奥がツツジ園です。名所といわれるだけあってさすがの広さ!
お花の時期にはきっと素晴らしくきれいなのでしょうね♪
やっぱりこちらのお寺にはツツジor紫陽花or蓮の季節に訪れたいわ!
三室戸寺091128-3

ドウダンツツジの紅葉がきれい~
三室戸寺091128-4

口の中の玉をなでると勝運がつくといわれている宝勝牛。
もちろんしっかりなでてきました(^-^)v
三室戸寺091128-5

“本堂”と“浮船古跡碑”
三室戸寺091128-6
境内が広いのでさほど感じませんでしたが、本堂に入ってみると団体の参拝者の方々が次々と訪れているようでした。本堂内でお寺の縁起を伺ったあと、内々陣でご本尊を間近で拝観させていただくべく順にお参りしてゆきました。
ご本尊は二臂のお姿をしておられるにも関わらず千手観世音菩薩と呼ばれています。これは昔、三室戸山の滝つぼに千手観音が出現したのに出会った帝の使者が、滝つぼに飛び込んで近寄るとひとひらの蓮弁が流れつき、それを手にとると一尺二寸の二臂の観音像に変じたという伝承によるものなのだそうです。
このご本尊、なんとご開帳されるのは84年ぶりなんだそうです!
このペースだと次回ご開帳の機会があっても私はこの世にいませんね(^ー^;
まさに一生に一度の貴重な機会でした。

ご本尊を拝観した後は宝物殿での特別拝観“観音様の足の裏を拝する会”へ。
阿弥陀如来像の脇侍である観音・勢至菩薩像はこちらでは膝を揃えた跪座の姿をとっておられます。正面からでは見えない観音様の、衣の裾から覗いている足の裏を拝することができるようにと期間中のみ後ろ向きに安置されています。

三室戸寺091128-7

境内で石楠花(??)の花を見かけました。
でも石楠花って5月頃に花を咲かせますよねぇ?違うお花なのかしら??
三室戸寺091128-8
境内を散策している間、いちょうの葉がばらばらと降るように散っていました。
こちらでの紅葉はもうそろそろ終盤といった感じです。
貴重な仏像も拝めて、紅葉も楽しめたのでなかなか充実したお参りでした♪

【ご本尊結縁ご開帳】
2009年10月1日~11月30日
9:00~16:00
内拝料:100円
内々陣特別拝観:500円(火難消除の本尊御影お札の授与つき)

【観音様の足の裏を拝する会】
2009年11月1日~12月6日までの土・日・祝日
宝物館特別拝観料:300円

※上記以外に境内に入るのに拝観料500円(大人)が必要です。



Comment:0
2009
11.26

鳥の楽園 昆陽池公園

Category: お出かけ
ぽかぽか陽気に誘われて伊丹市にある“昆陽池公園”へ行ってきました。
ここは野鳥のオアシスなのだそうです(^▽^)♪
昆陽池公園091126-1

水鳥にえさをやるための給餌池(きゅうじいけ)。
えさは公園の管理者の方が与えているので、来園者が鳥にえさを与えるのは禁止されているようでした。食べ残しのえさで水が汚れたり、人が鳥の糞などに触れるのを防ぐ為なんだそうです。
昆陽池公園091126-2

関西屈指の渡り鳥の飛来地で、たくさんの水鳥が飛来してくるんですって
昆陽池公園091126-3

集団でお昼寝(^^)気持ち良さそう~。このぷっくり丸まった姿がスキ♪
昆陽池公園091126-4

このコは水底の土を漁りながらお食事中
昆陽池公園091126-5

はばたく!
昆陽池公園091126-6

なにやら物問いたげなご様子。
昆陽池公園091126-7

池の真ん中にある島は日本列島の形をしているようです。こうして見ても全然分かりませんがyahoo!地図で見るとちゃんと形が確認できます!
昆陽池公園091126-8

市立博物館091126
昆陽池公園の近くにある市立博物館にも行ってみました。
こちらの展示によると、昆陽池は奈良時代に河川の氾濫を防ぎ、農業用の水を得るために高僧・行基の指導によって造られた灌漑用のため池なのだそうです。
行基といえば、私は東大寺建立を連想するのですが、偉業はそれだけではなく、なんと近畿地方に49以上の寺を建てたり、旅人の苦難を救う布施屋や多数の用水池、港などを整備して人々から菩薩様と慕われていたという、ものすごく偉大なお方だったようです。そういえばこの間行った久安寺の開祖でもあり、境内では像も見かけました。ふと訪れた所でこうしてその由来や歴史を知るというのもまた新しい興味を生みそうで面白いものですね。博物館で知った“昆陽寺”へも機会があれば行ってみたいです。(昆陽寺の開祖ももちろん行基です(^-^)b)


Comment:0
2009
11.25

さつま芋のお粥

Category: お粥
最近、朝の時間がある時には朝食にお粥を炊くことがあります。
体があたたまるし、こうして食べるものから水分を摂るのもなんとなく体の調子にいいような気がするんですよねぇ(^^)♪
今朝はさつま芋のお粥に塩昆布をトッピング。
さつま芋のお粥091125
器は昨日、陶器市で買ってきた鳥獣戯画の絵柄のスープ皿です♪
とても気に入ったので、しばらくお粥はコレで食べようっと(^▽^)



Comment:0
2009
11.24

東福寺~泉涌寺窯元もみじまつり

Category: お出かけ
本日、東福寺方面に気合入れてお出かけ
目当てはもちろんこの時期にははずせない紅葉。。。ではなく、陶器市です♪
京焼・清水焼の窯元が開催する焼き物のイベントが泉涌寺窯元一帯で開催されていて、普段よりうんと格安のお値段でお買い物が出来るそうなのです!これはもう行くしかないでしょo(^▽^)o♪
とはいえ、せっかくこのエリアに来たのなら名高い名所の紅葉もひと目くらいは見ておきたいと思い、まずは東福寺へ。通天橋からの景色でも見てみようかしら♪なんて考えていたのですが、甘い、甘い!すでに大型バスでやってきた団体の人、人、人、そしてツアー客を案内するために響き渡る拡声器の声。。。「超」のつく名所には普段は出来るだけ行かないようにしているだけに、この人の多さには全くまいりました平日だからといって観光名所を侮ってはダメですね。

この光景、晴れていたらきっと最高!
東福寺界隈散策091124-1

臥雲橋から見たもみじの谷。色鮮やかに染まっている様子は絶景です♪
奥に見えるのは通天橋。離れて見ても人でひしめきあっているのが分かります
東福寺界隈散策091124-2

“三門(国宝)” 人の多い通天橋・本坊近くを離れてほっと一息。
東福寺界隈散策091124-3

チャの花のひっそりと可憐に咲いている姿が可愛らしい♪
東福寺界隈散策091124-4

東福寺の境内ではこのチャの木の様子を見ただけで早々に退散して、
日下門を出てすぐ目の前にある“天得院”の秋の特別拝観へ。
東福寺界隈散策091124-5

ここなら少しは空いているかと思ったのですが、少しどころではなく、
ほんの数組の拝観客だけでほとんど独占状態♪
お抹茶をいただきながらのんびりお庭を見ている方もいらっしゃいました。
紅葉だけでなく、山茶花の花や、苔の緑もきれいで楽しめました。
東福寺界隈散策091124-6

あぁ。。。この静けさがなんとも贅沢♪
東福寺界隈散策091124-7

東福寺界隈散策091124-8
いつまでもお庭を眺めていたい気分でしたが、今日の目的はあくまで陶器市。
掘り出し物求めてそろそろ発たなくては。。。

【天得院 秋の特別公開】
2009年11月1日~12月6日
9:00~16:00受付
拝観:300円
11月13日~12月5日は夜間ライトアップもされているようです。
(17:00~20:30 拝観:500円)


肝心の陶器市はどこにお店があるのかさっぱり分からないままの訪問だったのですが、幸い最初に行き着いたお店でスタンプラリーの用紙を入手したので、これをたどっていけばほぼ網羅できるはず、と地図をたよりに歩きまわりました。
値段の安さからつい一つ、二つ買ってしまいそうになるのを我慢しながら、とりあえずエリアを一周。すると、ありました♪ミラクルな出会い
京都の陶器を扱うお店にとても気に入っている鳥獣戯画の器があって、(お値段そこそこするので)少しずつ買い集めたいなぁ♪と思っていたのですが、なんとその器をつくっている窯元もこの陶器市に出店していらっしゃったのです♪
もう喜び勇んでせっせと品定めしちゃいました(笑)
なにしろ陶器店でのお値段より随分お安い♪これはもう見逃せません
(おそらく支払った値段は陶器店のそれより7割ほど安かったと思います。)
スタンプラリーの抽選で清水焼の湯呑みが当たってさらに荷物は重くなったけど、そんなの全然気にならないわ♪
思わぬ出会いでうきうきと足取りも軽いのでした
来年は絶対初日に訪問しよう!と固く心に決めたのは言うまでもありません。

【東福寺~泉涌寺 第16回窯元もみじまつり(大陶器市)】
2009年11月21日~29日
10:00~16:00
泉涌寺窯元一帯にて

窯元もみじまつり


Comment:0
2009
11.22

能勢名物くれべのでっちようかん

Category: 本日のお茶
お久しぶりのくれべのでっちようかんで本日のティータイムです♪
関西に引越してきたばかりの時にたまたま目にして買ってみたのが最初で、
あれからもう1年半以上もたっていました。
(ブログに書いているとこういう時便利♪)
最近時間が飛ぶように過ぎてゆくように感じます。。。
でっちようかん091122
お茶は今年春に杭州で買ってきた明前獅峰龍井です。
すでに鮮やかな緑色は失われているけど、
美味しいお茶はやっぱり美味しい♪
瑞々しいさっぱりとした味わいのようかんは食後のデザートにもぴったりでした。
普通の羊羹は甘すぎて1棹も買うと持て余してしまうけど、
これならぺろりと食べれます(^-^)v

先日、多田神社の参道でこんな看板見つけたんですよねぇ♪
くれべ091122
まさかこんな所で買えるとは!また買いに行こうっと(*^m^*)♪


Comment:0
2009
11.21

多田神社の紅葉

Category: お出かけ
久安寺をあとにして次に向かったのは何度か参拝したことのある多田神社です。
椿や桜の時期には訪れたことがあるのですが紅葉の季節はおそらく初めて。
新緑の季節の青もみじが印象に残っているのでおそらく紅葉も楽しめるはず♪

まず最初に目に飛び込んできたのはいちょうの黄色く色づいた葉でした。
多田神社091121-1

紅葉も綺麗
多田神社091121-2

ムクロジ(画像:右)は枝先から少しずつ黄色く染まりだしているところでした。
多田神社091121-3
肝心の紅葉のトンネルは車が何台か停まっていたので、
残念ながらあまり景観を楽しめませんでした。。。
参拝者の駐車場は別の所にあるので業者さんのかしら?
紅葉時期だけにちょっぴり残念でした。
でも七五三の時期でもあるので仕方ないのかも。

多田神社091121-4
帰りにくれべのでっちようかん買って帰りました♪
引越してきた頃に食べたきりだったのでずいぶん久しぶり!
美味しい緑茶と一緒にいただきたいと思います(*^m^*)♪


Comment:0
2009
11.21

久安寺の紅葉

Category: お出かけ
いよいよ紅葉シーズン真っ只中ですね♪
月末に京都に行く予定なのですが、それまでもってくれるかしら?

本日のお出かけは大阪・池田市にある“久安寺”です。
関西花の寺12番霊場として特に紫陽花や紅葉で知られているお寺のようです。
拝観受付でいただいたパンフレットには、他に西国薬師18番霊場・摂津観音19番霊場・摂津大師67番霊場の文字もありました。と、ここでご朱印帳を忘れてきたことに気がつきましたコレ、もう何度かやってる失敗なんですよねぇ。。。

国指定重要文化財の“楼門”(画像:左)です。
室町時代初期の建立と伝えられていて、羽根を広げて飛び立とうとする鳥の姿のような「水平のない軒反り」という技法が生み出す美しさから「最も美しい楼門」と評価されているのだそうです。
今はくぐることができず、すぐ脇の扉から境内に入れるようになっていました。
久安寺091121-1

本堂
久安寺091121-2

久安寺091121-3

虚空園。豊臣秀吉が参拝して、月見茶会をしたと伝えられているそうです。
久安寺091121-4

流れ落ちる水のそばには観音様のお姿が。
久安寺091121-5

久安寺091121-6

久安寺091121-7

ここでも十月桜が咲いていました♪
久安寺091121-8

流れる雲のいたずらで日が差したり陰ったり。。。
それによって景色の印象ががらりと変わりました。
紅葉は日の光が差していると輝くような、燃え立つような、
それはそれは美しい色合いに♪いいお天気でホント良かったわ♪
久安寺091121-9
まだ緑の葉が目立つ木もありましたが全体的には結構見頃だったと思います。

【久安寺】
〒563-0011大阪府池田市伏尾町697
9:00~16:00
拝観料:300円



Comment:4
2009
11.19

玄米のイングリッシュマフィン

Category: ぱん
“青プーアールとともに♪”
イングリッシュマフィン091119
タカキベーカリーさんの玄米のイングリッシュマフィンが本日の朝食です♪
トーストすると穀物系の香ばしい香りがして、
普通のものよりさらにもちもちとした食感でした。
レタス・クリームチーズ・スモークサーモンをはさんで
ボリュームたっぷりの朝ごはんです(^▽^)
しっかりとした量の朝食を摂ると体にエンジンがかかるのを感じるのですが、
いかんせんいつもはなかなかその時間がなくて。。。
ついつい簡単に済ませてしまいます(^ー^ゞ
年末に向けて忙しくなってくる時期なので、しっかり朝ごはん食べて、
脱スロースターター目指さなくちゃ!
ところでスロースターターの反対はなんていうのかしら??


Comment:2
2009
11.15

関西文化の日②-2

Category: お出かけ
万博公園めぐりのラストは“国立民俗学博物館”です。
館内には世界中の国々の衣装や農具、狩りの道具、生活道具、住居など様々なものが展示されています。生活に関するものなのでお茶も。。。と思いましたが、残念ながらこの分野の展示は極めて少なかったです。

写真撮影してもよいようでしたので、館内で見つけたお茶関連のものを
モンゴルの“磚茶用ふろしき”と“茶いれ容器”です。
ふろしきの真ん中に置いてあるのが携帯に便利なように蒸してレンガ状に固めたお茶の葉(磚茶)で、これをけずって濃く煮込み、乳、バター、塩で味をつけます。
関西文化の日091115-14

こちらはインドのデリーの駅の売店です。
関西文化の日091115-15

チャイが売られている様子なのかしら?
関西文化の日091115-16

途中で休憩がてら“ビデオテーク”という視聴覚ブースを利用しました。
世界中の人々の生活や儀礼、芸能などがテーマごとに15分ほどにまとめられたビデオ番組を見ることができます。ためしに「飲み物」というカテゴリーを検索してみたら全部で10番組。そのうちのほとんどはお酒に関するもので、お茶関連は日本の3番組だけでした。3番組はいずれも四国の情報で「阿波の晩茶」「伊予の黒茶」「土佐の碁石茶」と、なんと黒茶ばっかり!
なんともマニアックなのね~(^ー^;
でも阿波晩茶、碁石茶の製法は本に書かれているものを読んだだけだったので、実際にどういった手順で、どういった道具を使ってつくられているのか、現地での様子を見ることが出来て非常に勉強になりました。閉館時間がせまっていたので残念ながら「伊予の黒茶」は見ることができませんでしたので、次回来館することがあれば忘れずに見てみたいと思います!それにしてもどうして四国にこんなにも黒茶が集中しているのでしょう?ちょっと調べてみようかしら?思いがけずこうした情報に出会えて、思いがけない収穫でした♪

2日間、“関西文化の日”のおかげで随分楽しめました
こんなに気前のいいイベントに感謝、感謝です♪


Comment:0
2009
11.15

関西文化の日②-1

Category: お出かけ
昨日に続き、今日も関西文化の日にかこつけてお出かけ♪
目的地は大阪・吹田市にある万博記念公園です。
園内の日本庭園・自然文化園、国立民族学博物館、大阪日本民芸館(但しこちらは常設のみ)がいずれも無料になります。

万博公園のシンボル太陽の塔&茶つみの里のチャの花♪
関西文化の日091115-1

ソラードという空中観察路を歩いていつもとは違う目線から散策。
これ、画像では分かりませんが高さが3~10m位あって、いつもは見上げている木々の様子を間近で観察できるのです。
関西文化の日091115-2

もみじの滝あたりでつり橋風になっているソラード。
空中散策ではここがイチバン紅葉がきれいでした
関西文化の日091115-3

展望タワーから見わたした万博公園。
関西文化の日091115-4

花の丘ではコスモスがまだ咲いていました♪もちろんもう盛りはすっかり過ぎているのですが、それでも所々こんな風にきれいに咲いているところもありました。
関西文化の日091115-5

もみじの滝の紅葉
関西文化の日091115-6

関西文化の日091115-7

西大路の並木道。
大きなプラタナスの木がとてもきれいに色づいて素晴らしい秋の風景でした♪
関西文化の日091115-8

十月桜も満開です
関西文化の日091115-9

お祭広場ではイベントが催されていてとても賑やかな様子でした。
行列に誘われて人気の8bロールケーキでおやつタ~イムです(*^m^*)♪
関西文化の日091115-10

関西文化の日091115-11

バラ園はまだまだ花盛り♪
関西文化の日091115-12

日本庭園の紅葉。見頃は近そうです。
関西文化の日091115-13
と、園内の散策ばかりで時間が過ぎてしまいましたが、
せっかくなので博物館のほうへも行ってみなくちゃ!
足湯にも行きたかったのに、これでは間に合いそうもありません(^^;


Comment:0
2009
11.14

東洋陶磁美術館

Category: お出かけ
この記事はブロとものみ閲覧できます

2009
11.14

関西文化の日①

Category: お出かけ
関西周辺2府8県で美術館や博物館の入館が無料になる“関西文化の日” 
昨年は都合で行くことができなかったので今年とても楽しみにしていました♪
11月1日から始まって施設によって実施日が違うのですが、
案内を見ると14・5日が最も実施されている施設が集中していました。
京都も気になったのですが、良い機会なので、
今回は普段あまり出かけない大阪へ行ってみました。

まずは大阪城公園へ。いちょうの並木は黄色く染まってまさに見頃です♪
関西文化の日091114-1

大阪城天守閣の周辺では菊花展が開催中です。
関西文化の日091114-2

色が三層になっている菊の花。とても珍しく思えて目がとまりました。
扇子の形に仕立てられた菊の花の前は格好の記念撮影ポイントです(^^)
関西文化の日091114-3

こちらは瓢箪の形に植え込まれている菊の花。近づいてよーく見るともう盛りは
過ぎているのですが、こうして見るにはまだ大丈夫かな?
関西文化の日091114-4

天守閣では特別展“豊臣期大坂図屏風”が開催中です。
この天守閣への入場が本日は関西文化の日ということで無料になります♪
関西文化の日091114-5
豊臣期大坂図屏風は17世紀にヨーロッパに渡り、その後分解されて城館の部屋の壁にはめ込まれていたため、それが日本の屏風であったことも忘れ去られていたところ、2006年秋に発見されたのだそうです。今回の展示はその複製です。大坂城本丸北の極楽橋が屋根と望楼をそなえて描かれており、明らかに豊臣期の姿なのだとか。大坂城が描かれているだけでなく、絵の中には四天王寺や宇治橋までありました。秀吉は宇治に強い関心を持っていて、茶摘見物にも訪れていたのだそうです。

豊臣家ゆかりのお城だけあって飾り瓦が桐の形でした
関西文化の日091114-6

紅葉、菊、特別展と盛り沢山な内容の大坂城天守閣をあとにして、
次に向かったのは“大阪市立東洋陶磁美術館”です。
こちらも関西文化の日で今日・明日と入館が無料になります♪
関西文化の日091114-7
展示内容は下記の通りでかなりのボリュームです♪
【企画展】
水都大阪2009開催記念事業・企画展『水都大阪再発見』
「中国陶磁に遊ぶ - 入江正信コレクション」
【平常展】
安宅コレクション韓国・中国陶磁
李秉昌コレクション韓国陶磁
日本陶磁
沖コレクション鼻煙壷

美術館には珍しく館内はフラッシュ、シャッター音をOFFにすれば原則撮影OKでしたので、『水都大阪再発見』に展示されていた堂島の遺跡の出土品に茶筅のような絵柄を見つけてさっそく撮ってみました(^-^)♪
関西文化の日091114-8
館内は展示品が充実しているだけでなく、天窓から自然光をとりこんで微妙な色合いが鑑賞できるように工夫された自然採光室や、展示品が全角度から鑑賞できるように台が360度回転するものなど、展示方法も工夫されていていました。
展示品はとにかく多くて、素敵だと思うものをあげていたらきりがないほど♪
訪れた時間が少し遅かったのが悔やまれます(>_<;
もっと時間かけて見たかったわ!
国宝の“油滴天目茶碗”は昨年、京都の茶道資料館で開催された“鎌倉時代の喫茶文化”という展示で見た物だったので、ここでまた見ることができてびっくり!こちらの美術館の所蔵品だったのですね~。
企画展の中国陶磁は青白磁の輪花杯や青花の高足杯など素敵なものが多々あり楽しめましたが、韓国の青磁も美しくて惹きつけられました。韓国青磁は常設されているようなのでまた企画展のテーマが面白そうな時に来てみたいわ♪

水晶橋から見た堂島川。
関西文化の日091114-9
すぐ近くには“適塾”があり(もちろんここも関西文化の日でこの日は無料♪)、ホントならそちらにも行く予定だったのですが、今日は出発時間が遅かったためここでタイムアップです。それでも充分に充実&お得な一日でした♪明日もひき続き“関西文化の日in大阪ツアー”なので頑張ります


Comment:0
2009
11.12

茶飯のナゾ

Category: おうちごはん
“おでんに茶飯”という組み合わせ。
聞いたことはあったけど我が家の食卓にはのぼったことのないものでした。
前の夜に仕込んでおいたおでんを見て、ふと思いついたので炊いてみました。
いままで茶飯って「お茶で炊いたご飯」のことだと思っていたのですが、
お醤油入れて炊いた「茶色いご飯」のことだったんですね!
ネット検索してみたらどちらもアリのようでしたが、なんとなくお醤油タイプが主流?のような印象を受けました。(違うのかしら?)
なので今晩は“お醤油タイプ”を炊いてみました。
〆におでんつゆをかけて食べるので少し固めに炊くのが良いとこのと。
おこげができるように加減して炊いて、釜飯の器によそってみました。
おでんと茶飯091112
おこげもイメージ通りに出来ていたので大満足♪
香ばしい香りが食欲をそそります。
お米にだし昆布と醤油、酒、みりんを入れるだけのシンプルメニューなので
いつでも気軽に出来るというのが良いですね(^^)
白いご飯よりもおでんに合うし、なかなか好評でした♪
次回のおでんの時には“お茶で炊くタイプ”も試してみようと思います!


Comment:2
2009
11.07

六道珍皇寺 秋の特別寺宝展

Category: お出かけ
本日のお出かけ午後の部は“六道珍皇寺”です。
こちらでの拝観は普段は事前申し込みが必要なのですが、
現在は特別展開催中なので予約なしで拝観することができます(^^)

昔、この辺り一帯から山麓にかけてが鳥辺野とよばれる葬場の地であったことから、ここが冥途への入口、つまり「六道の辻」と呼ばれていたのだそうです。
その“六道の辻”の文字が刻まれた石標が門前に置かれているこちらのお寺では、お盆の時期になると「六道まいり」といって迎え鐘をついて先祖の霊を家に迎えるために参る風習があるそうです。いつもはひっそりと静かな境内もこのお盆の4日間(8月7日~10日)は多くのお参りの方でいっぱいになるのだそうです。
六道珍皇寺091107-1

本堂に祀られているご本尊の薬師如来坐像は昭和53年に製作されたもので、
重文のご本尊は火事などの災害をさけるため、境内の別のお堂に安置されていました。脇侍は日光菩薩立像、月光菩薩立像です。
印象に残ったのは本堂の欄間にずらりと並べられている小さな地蔵菩薩様の像でした。それと数々の地獄絵図。この特別展は「熊野観心十界図」(通称:地獄極楽図)の修復を記念して開催されたものなのですが、この他にも地獄の様子を描かれた絵が数点展示されていました。
亡くなった人々が生前の罪により、地獄で様々な責め苦を負う姿を見ていると、
自分の日頃の行いを省みずにはいられなくて、少し怖いような気持ちに。。。

六道珍皇寺091107-2

画像中央の竹で蓋をしてある井戸が小野篁卿が地獄へ通う時に通ったという“冥土通いの井戸”です。両側には高野槙が植えられていて、夜毎この木を伝って井戸を降りていったと云う言い伝えがあるそうです。
またこの高野槙は、精霊が槙の葉に乗って冥土から戻ってくると信じられていて、お盆に「六道まいり」にお参りに来た人々が参道に並んだ露店で買い求めてゆくものでもあるのだそうです。
六道珍皇寺091107-4

“冥土通いの井戸”は普段は本堂の中から見ることはできず、
↓の戸の上部についている格子から垣間見ることができるだけです。
六道珍皇寺091107-5

閻魔・篁堂も普段は閉ざされていて格子の一部の間から垣間見るのみです。
六道珍皇寺091107-6

堂内に祀られている小野篁卿と閻魔大王様の像。
六道珍皇寺091107-7

迎鐘も直接見ることは出来なくて、外に出ている紐をひいて鐘をつきます。
六道珍皇寺091107-8
ちょっと不思議な世界に近づいたような気分になるお参りでした。
地獄の絵図に畏怖を覚えるのは自分の行いに思うところがあるからですね。。。
あぁ、欲にまみれて我儘いっぱいの自分に反省。。。

【「熊野観心十界図」修復記念 秋の特別寺宝展】
2009年11月1日~8日
9:00~16:00
拝観料:500円

秘仏 本尊薬師如来坐像
閻魔大王像、小野篁像
小野篁卿 冥土通いの井戸
熊野観心十界図
祇園八坂神社垂迹曼荼羅図 などを見ることができます。

六道珍皇寺秋の特別寺宝展


Comment:0
2009
11.07

建仁寺 秋の特別拝観

Category: お出かけ
お茶会の後は特別拝観中の建仁寺の中を見てまわりました。
何度も訪れているお寺ですが飽きません(^^)♪
建仁寺091107-1

建仁寺091107-2

きれいなオレンジ色のくちなしの実♪前回来た時は甘い香りを放つ白い花をつけていたのに、時間のたつのって早いなぁ。。。
建仁寺091107-3

建仁寺といえばやっぱりコレ!風神雷神です。(レプリカですけど)
建仁寺091107-4

襖絵に描かれた唐子♪愛らしいわ~♪
建仁寺091107-5

チャの花も盛りでした♪
建仁寺091107-6

花や種が点々とあちこちに落ちていました。
建仁寺091107-7

【建仁寺 秋期特別拝観「寺宝展」】
2009年10月30日~11月8日
10:00~16:00

建仁寺秋期特別拝観


Comment:0
2009
11.06

御即位20年記念京都御所特別公開

Category: お出かけ
本日のお出かけ午後の部は京都御所の一般公開です。
御苑の木々も大分色づいてきたように見えますが、
紅葉の見頃はまだ少し先のようです。
御所一般公開091106-1

瑞雲文様赤地錦で金色の太陽が刺繍されている日像纛旛(にっしょうとうばん)と
瑞雲文様白地錦で銀色の月が刺繍されている月像纛旛(げっしょうとうばん)。
ともに昭和天皇の即位式に使用されたのだそうです。
この他にも今回は即位に使われた品がいくつか展示されていました。
御所一般公開091106-2

参内者の控えの間である“諸大夫の間”の一つ「虎の間」の襖絵(左)と、
御所の玄関にあたる“新御車寄”(右)
御所一般公開091106-3

日がさすと朱の色がますます鮮やかに美しく見えます♪
御所一般公開091106-4

御所一般公開091106-5

紫宸殿。即位式などの重要な儀式を執り行う最も格式の高い正殿です。
御所一般公開091106-6

御所一般公開091106-7

御池庭
御所一般公開091106-8

御所一般公開091106-9

御所一般公開091106-10

御内庭の奥にある建物はもしかして茶室かしら??
御所一般公開091106-11

御所一般公開091106-12

御所一般公開091106-13

皇子・皇女のお住まいである“若宮・姫宮御殿”
明治天皇もご幼少の頃こちらにお住まいになっていらっしゃったのだそうです。
御所一般公開091106-14

御苑の中にある県井(あがたい)。
もう水は汲めませんが京都三名水のひとつです。
県井091106
平日だったのでそれほど混雑していませんでしたが、それでも駐車場には大型バスが何台もとまっていました。
入口で配布されているパンフレットは日本語のほかに数ヶ国語揃えられていて、
観光スポットとして人気があるのをうかがわせます。

【天皇陛下即位20周年記念 京都御所特別公開】
2009年11月1日(日)~10日(火)
9:00~16:30(但し、入場は15:30まで)



Comment:0
2009
11.06

西方寺[第45回京都非公開文化財公開]

Category: お出かけ
10月30日~11月8日まで開催されている第45回京都非公開文化財公開。
実は拝観券いただいたんです(^m^)♪
京都非公開文化財特別公開
他に気になる所もあったのですが、“初公開”の文字にひかれて(この文字にはホント弱いです(笑))西方寺と大蓮寺へ拝観に行ってきました。

まず最初に“西方寺”へ。
浄土宗知恩院派のお寺で“願海山法性覚院西方寺”と称されています。
こちらは非公開寺院なので普段は拝観することができません。
西方寺091106-1

今回初めて公開された法勝寺の遣仏と伝えられている御本尊の阿弥陀如来坐像はTOPのパンフレットの中央の仏像なのですが、光背の黒く点々と見えるのはなんと1個1個が小さい仏像なんです!
こうしたものを通常千仏光背とか三千仏光背というのだそうですが、
西方寺のこれは“三千五百仏光背”ともいわれているそうです。
そのくらい数が多いということなのでしょうね。実際に目にすると迫力あります!
ご本尊の両脇に侍しておられるのは勢至菩薩様、観音菩薩様です。
こちらの2体は片膝をついたお姿でいらっしゃるのですが、
これは人々をすぐに助けることができるように、というためなのだそうです。

西方寺091106-2

本堂
西方寺091106-3

境内奥には茶室もありました♪
西方寺091106-4

セルフ方式でお茶も用意して下さっていました。
お寺の名前入りのお茶碗というのがちょっと嬉しい♪
西方寺091106-5

洛陽四十八ケ所第二十五番霊場 “衣通姫地蔵尊”
西方寺091106-6

こちらのお寺ではご朱印をいただけないようでしたので、
かわりにスタンプをいただいてきました。
西方寺スタンプ
小さなお寺ですが、しっとりと落ち着いた雰囲気にひかれて、
気がつくと結構長居していました。


Comment:0
2009
11.03

IKEDA文化DAY(再)

Category: お出かけ
急に予定があいてしまった今日。
せっかくのお天気に何もしないで過ごすのはもったいないし、何しようかしら?
と、思いついたのが先日ちょっぴりしか見れなかった逸翁美術館でした。
たしか今日までスタンプラリーに参加すれば無料で見れたはず♪
この間の暑さが嘘のような冷込みでしたがラストチャンスなので行ってきました。

ちょうど開催時間に通りかかった“手回し蓄音機鑑賞会”
これもIKEDA文化DAYの催しのひとつなのだそうです。
蓄音機の奏でる音を生で聴くのは多分初めて。
味のある音を楽しませていただきました。替針の箱のデザインも素敵♪
IKEDA文化DAY091103-1

目当ての逸翁美術館はちょうど展示内容が後期で一部入れ替えされていたので、これで前期・後期と余さず見ることが出来ました。
最初に訪れた特別無料公開の時よりも人も少なめでゆっくり鑑賞♪
そういえば前回は気がつかなかったのですが、館内にはお茶室もあって、
展覧会会期中の土・日・祝日にお茶をいただくことができるそうです。
ちょっと覗いてみましたが、茶室のまわりに土間をめぐらせてあって、
茶室にあがるのではなく、そこに並べてある椅子に座るみたいです。
こういうスタイルだと正座が苦手な人でも楽でいいですね。

逸翁美術館隣の池田文庫の茶室ではこれまた文化DAYの催しで、
昨日・今日の2日間はお抹茶をいただくことができます(^-^)
IKEDA文化DAY091103-2

お茶菓子の栗きんとんがものすごく美味しかった(^▽^)♪
こんなに美味しいお茶菓子がついて300円なんてとっても得した気分です♪
IKEDA文化DAY091103-3
IKEDA文化DAY091103-4

菊花展開催中の池田城跡公園。
IKEDA文化DAY091103-5

茶室の近くには可愛らしいピンクの山茶花が咲いていました。
IKEDA文化DAY091103-6

季節のお花は普段から色々チェックしているつもりなのですが、
何故か菊は今まで全くノーチェックでした。
それでもこうして度々目にする機会に恵まれて嬉しいです♪
IKEDA文化DAY091103-7

右の画像の菊の花は花びらの1枚1枚が大きいのでだらりと垂れないように、
花の下に円盤状の支えがしてありました。
こういうタイプ初めて見ました。菊も色んな種類があるんですね!
IKEDA文化DAY091103-8
スタンプラリーで池田の町なかをほうぼう歩きまわったので、
気分はすっかり池田通??万歩計を見るとなんと2万歩近く歩いてました!
こういうイベントが毎週あったらウォーキングも続くのになぁ(笑)

おいしいもの買って帰りたくて阪急百貨店までもう一駅ウォーキング。
入口前のイベントスペースでは菊花展が開催されていました!
可愛い菊人形や菊に囲まれた満願寺の展示もあり、鉢花だけよりも楽しい雰囲気♪周りの人のカメラもやはりこの2つに集中してました(^^)
菊花展091103-1

菊花展091103-2
暇つぶしに出かけたのですが、なかなか文化の日らしい一日を送れたかしら?
目も耳も舌も楽しませてもらいました


Comment:0
2009
11.01

紅茶の日

Category: 本日のお茶
朝食に昨日買ったアルフォンソさんのバケットを食べたのですが、
お昼もパンのリクエストだったのでバケット3種盛り合わせを作りました
フレンチトースト、スモークサーモン&クリチ、卵サラダです。
バケットサンド091101

そしておやつもアルフォンソさんのクリームチーズのタルト♪
今日は紅茶の日なので先日のスリランカコスランダ茶園の紅茶を淹れました。
ミルクティー向けに少し濃い目に淹れるとほんのりスモーキーな香り♪
わりと煎がきくようだったのでストレートで飲んだりミルクを入れたりしながら
のんびりだらだらいただきました
午後から雨が降って寒くなってきましたが、紅茶のおかげでほかほか。
寒い季節には体をあたためてくれる発酵度の高いお茶が嬉しいです♪
紅茶の日091101


Comment:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。