--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
11.03

栗かもめの玉子

Category: お茶請け
1311052


スポンサーサイト
Comment:4
2013
11.03

西福寺の若冲画公開

Category: お出かけ
今日は豊中にある西福寺で年に一度の若冲画公開日♪
しかし午後から雨の予報というあいにくのお天気なのです。。。
雨天中止の行事なのではらはらしながら行ってきました。
1311045

境内いっぱいに枝を伸ばす扇松。相変わらず見事です♪
1311046

1311047

境内のチャノキは花盛り♪
1311048

何度か訪れているのですが今年が一番人が多くてにぎわっていました。
そして一番のお目当てはやはりパンフレットの表紙も飾っている金襖に描かれた“仙人掌群鶏図”らしく、この絵の前は常に混みあっていました。

お寺でいただいたパンフレットと参拝記念のメダル♪
それに便利堂さんが出店していたので“仙人掌群鶏図”の絵葉書も記念に購入しました。
1311049
このメダルがたまっていくのがちょっとした楽しみでもあります(^-^)♪

ところで西福寺最寄りの服部駅は12月21日に服部天神駅に改称されるそうです。
駅が出来た当初も服部天神駅といっていたそうなので、元に戻ることになるんですね。
1311050

駅の敷地も昔は服部天神の境内だったそうで、ホームに今も残されているご神木がその名残をとどめています。
1311051


Comment:0
2013
11.02

菊花見頃の相楽園

Category: お花
菊の花もそろそろ見頃になっているかと思い相楽園へ。
先月訪れた時にはまだつぼみばかりで懸崖作りの菊も緑一色でしたが、
今回は門の外からも菊の花が咲いている様子がうかがえました♪
1311027

重要文化財の船屋形です。周りは紅葉し始めていました♪
1311028

この船屋形、本日外観公開ということで、普段閉まっている柵の中に入って近くから見ることができました。戸も開け放たれているので中の様子も見れます!
1311029

木部は全て漆塗で金箔を施した錺金具が打たれた豪華な造りです。
江戸時代に姫路藩主が河川での遊覧に使っていた川御座船の屋形部分を保存したものなのだそうですが、こんな豪奢な船で川遊びとはさすがお殿様ですね!
1311030

1311031

紙で作った模型が置かれていました。青く囲っている部分が船屋形です。
1311032

船屋形から茶室・浣心亭を臨む。
1311033

菊花の見頃を迎えて園内には菊花展目当ての人が次々と訪れて来ていました。
1311034

1311035

1311036

1311037

北斎も描いたという菊、“巴錦”を見るのも毎年の楽しみのひとつです♪
1311038

1311039

1311040

こちらも重要文化財の“旧ハッサム住宅”
1311041

現在公開中で内部も見学できます。
1311042

“丁子菊”
1311043

前回来た時にも気になっていたのですが大クスノキの根元で毎年この時期に花盛りをむかえるツワブキが根こそぎなくなっていました。園の方にお聞きしてみると、楠の育成に良くないので除去したとのことでした。仕方ないけど、ちょっとさみしいな。。。
1311044


Comment:0
2013
11.02

小宰相ゆかりの願成寺へ

Category: お出かけ
先日、京都の金剛能楽堂で見た劇の演目のひとつに“小宰相”というものがありました。
小宰相という方は平清盛の甥にあたる平通盛の妻で、宮中一の美女とうたわれるほど美しい人だったそうです。彼女の美貌に一目ぼれした通盛の熱心な求愛の末に結ばれた仲睦まじいご夫婦だったのですが、一の谷の合戦で夫・通盛が討たれて小宰相は悲しみのあまり身ごもっていた子どももろとも入水して後を追うという悲しいお話でした。
その二人の供養塔があるというので、神戸の願成寺へ行ってきました。
1311020

1311021

お十夜の法要が営まれる日だったらしく境内は準備で忙しそうな様子でした。
1311022

境内の案内板のおかげで迷うことなくお目当ての場所にたどり着けました。
平通盛・小宰相局五輪塔“比翼塚”です。昨年の大河ドラマでは登場のなかったおふたりですが、観劇のおかげで感慨深く手を合わせることができました。
1311023

1311024

ちなみにおふたりの出会いの場所“法勝寺”は現在は廃寺になっているのですが、
そのお寺があったという場所には昨年行っていました。
京都の“白河院並びに法勝寺跡”(駒札が立てられています)です。
120919
小西門院さまのお供で法勝寺の花見に来ていた小宰相を見て恋に落ちた通盛、
ふたりの物語はここから始まったんですね。。。
白河院ゆかりの場所ということで訪れていたのですが、こんな云われもある場所だったのだと今回初めて知ることができました。
観劇がきっかけで訪れた小宰相ゆかりの地でしたが、この歴史探索のおかげで一の谷の合戦についても色々調べることができて実りあるものになりました♪機会があればおふたりの今生の別れの場となったという神戸の氷室神社にも行ってみたいと思います。

近くの商店街にも寄って、昨年のバスツアーの時には売り切れで買えなかった日本堂さんの御所最中を購入しました。平家の家紋、揚羽蝶にニンマリ♪良いお土産ができました。
1311025


この後は、神戸市立博物館の“プーシキン美術館展”へ。
すでに鑑賞済みだったのですが、招待券をいただいたので2度目の訪問です♪
ミュージアムショップでは前回クスミティーのカシミールチャイを買ったというのに、
今度はクリスマスティーも買ってしまいました。これでは絵を見に行っているのだか、
お茶を買いに行っているのだか・・・最近の展覧会はショップの品揃えもバリエーション豊かで目をひかれるものが多くて鑑賞後の散財が増えるばかりです。
1311026


Comment:2
2013
11.01

秋のあじさい@神戸市立森林植物園

Category: お花
“コアジサイ”
1311015

“品種不明”
1311016

“タマアジサイ・・・かなぁ?”
1311017

“シチダンカ”
1311018

“キヨスミサワアジサイ”
1311019
他にも葉がきれいに紅葉しているものや装飾花の色の美しいものもあり、
もっとじっくり観察してまわりたかったのですが残念ながら時間切れ・・・
しかし秋のあじさいも味わい深いものがあり意外と楽しめました♪


Comment:0
2013
11.01

紅葉はじまる神戸市立森林植物園

Category: お出かけ
1311001

1311002

1311003

1311004

1311005

1311006

1311007

1311008

1311009

1311010

1311011

1311012

1311013

1311014


Comment:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。