FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
08.31

茶と器のコラボ

Category: お出かけ
強い日差しのなか、平等院を散策していたのでかなりバテ気味に。。。
遅い昼食も兼ねての休憩タイムは、
福寿園宇治工房の中にある福寿茶寮さんでとりました。
朝日焼080831
こちらで使われている器は全て地元宇治の朝日焼きのものです。
遠州七窯の一つに数えられている朝日焼。
粘土に鉄分が含まれているために現れる独特の赤斑が特徴だそうです。
ほんのりとあたたかみのある優しい色あいです

お料理は茶そうめんに茶おにぎり、お茶佃煮などお茶を使ったものが並びます。
福寿園ランチ080831
デザートの抹茶あんみつもアイスクリーム、白玉、寒天にそれぞれお茶が使われていました。お茶入り寒天は普通のものよりさっぱりとしていて、甘いお豆と一緒に食べるのによかったです♪
ランチのデザート080831
福寿園宇治工房さんでは手もみ茶づくりや陶板を使った煎茶づくり、器づくりなどなど様々なお茶に関する体験が出来るようです。
機会があればお茶つくるのやってみたいなぁ。

歩いていると探さなくてもそこここに“茶”の文字を見かけるお茶どころ宇治。
宇治といえばお茶というくらい知られているその名ですが、
宇治七茗園として知られていた茶園も現在は「奥の山」茶園を残すのみで、
他の六つは都市化により姿を消し、宇治市内の茶園の面積も減少してきているそうです同じようなことを丹波の茶産地に行った時にも垣間見ましたが、お茶で名高い宇治においてさえもそうなのか、と衝撃をうけました。
抹茶スイーツの人気も高く、ペットボトルのお茶もたくさん出回っているので、
日本茶をとりまく厳しい状況になかなか気づきにくいけど、
将来日本の良い文化、伝統が絶えるなんてことにならないよう、
しっかり日本のお茶も飲もう!という思いは最近だんだんと大きくなってきました。
私に出来ることといったらこれしかないですしね!

“宇治上神社”
敷地内には宇治七名水のひとつ“桐原水”があります。
(これもまた他の六つはすでになくなってしまったそうです。)
宇治上神社080831


コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。