--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
06.25

御誕辰祭@北野天満宮

Category: お出かけ
【水無月夏越祓】  -境内案内より-
日常無意識のうちに身につけた私たちの罪穢れは、古より六月と十二月晦日に大祓という式により祓い清められてきたので有ります。大祓をなして心身ともにすがすがしく、明日への希望に向かって邁進致しましょう。
「備後風土記」には素戔鳴命に旅の宿を供して難儀を救った蘇民将来が
命の教えに従って腰に茅の輪をつけたところ、その子孫に至るまで厄疫なく立ち栄えたという逸文がありこの故事にならって、茅の輪をくぐり罪穢れや厄難を祓い落とすという神事が受け継がれてきました。(以下省略)


“夏越の祓え”半年の間の罪や汚れを祓い捨てて心身を清浄にし、残り半年の無病息災を祈願する神事だそうです。そういえば六月になると京都の和菓子店でみかける水無月はこの日に食べるお菓子なんですって。
6月の晦日だから、6月30日に行われるものなのですが、
場所によっては6月の間中茅の輪くぐりができる所もあるようでした。
北野天満宮では25日の御誕辰祭(菅原道真公御誕生の日)にも茅の輪くぐりができるようでした。毎月25日の縁日“天神さん”にもかねてから行ってみたいと思っていたので、併せて見に行ってきました♪

楼門にとりつけられた大茅の輪です。
大茅の輪

大茅の輪の傍らにはこんなものが。何に使うんでしょう?気になる(?_?)
お持ち帰りOK♪

くぐり方の説明をしっかり見てから、いざ茅の輪くぐりへ!学問の神様がお祀されているので、修学旅行の学生さんが団体でお参りに来てとてもにぎやかでした。
茅の輪くぐり

先ほどの“ご自由に~”コーナーに戻ってみると、すごいひとだかりに!
さっきまでは数人しかいなかったのに。。。(^^;
見ていると、ただ茅を持ち帰るのではなく、
皆さんその場で茅の輪を作っていらっしゃいました。
(そのほうが荷物にならないから、とのこと。なるほど!)
私も見よう見まねで作ってみました。
これを玄関の扉の内側に下げておくのだそうです。
つんつん飛び出している茅は帰ってからはさみで切って整えます(^^)
手作り茅の輪

牛さん、私のいびつな茅の輪見て笑っているように見えるのですが。。。
気のせいよね(^^ゞ?
微笑

北野天満宮

祭典
天神さんの縁日では食べ物、雑貨、骨董などの露天がたくさん並んでいました。
骨董を中心に見てまわったのですが、露天だと気軽に見れるのがいいですね♪
すっごくくらっときた物があったのですが、買い物はしないつもりで来ていたので、
今日は目を楽しませるだけ。細々とした物が増えてきたので、
茶器類のお買い物はストップ中なのです!
なんて言ってね、やっぱり収穫ないのはさみしいから小皿を2枚買っちゃった。。。
あぁ~っなんて懲りない性格なのっ
家の中がすっきりと片付く日はまだ遠いようです。


コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。