--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
08.28

素麺と冷麦

Category: おうちごはん
「冷麦と素麺ってどう違うの?」ふいに聞かれて、
「えっと。。。ふ、太さかな?」といささか頼りない口調の私(^ー^;
そんなこと考えたことなかったわーっ

辞書によると、
素麺:塩水でこねた小麦粉に植物油を塗り、細く引き伸ばして、日に干しためん。
冷麦:細打ちにしたうどんを冷水や氷で冷やし、つゆをつけて食べるもの。
とありました。
素麺は“手延べ”で冷麦は“手打ち”
どうも製法がそれぞれ違うみたいです。

ただ現在は機械で製麺されることも多くて、その場合は上記のような作り方の違いがないため、JAS規格で太さの基準を設けてあるそうで、
機械製麺の場合、
素麺は麺の太さが直径1.3mm未満。
冷麦は直径1.3mm以上1.7mm未満。
うどんは1.7mm以上と分類されているのだそうです。
ただし、手延麺の場合は素麺も冷麦も同基準で、直径が1.7mm未満で丸棒状に成形したものが「手延べ素麺」もしくは「手延べひやむぎ」に分類され、
直径が1.7mm以上で丸棒状に成形したものは「手延べうどん」に分類されるようです。(いずれも乾麺の場合の基準)
そういえば食べ比べ用に買ってきた冷麦にも“手延”の文字がありました。

ということは、製法でも太さでも一概には分類できない??
調べているうちによけい頭の中がもやもやしてきた私をよそに、
冒頭の質問をした当の本人は両者を食べてみて
「素麺のほうが美味しいね♪」とすっきりした様子。
なぁんだ、それでよかったの???スゴイ時間かけて調べたのにな~(^^;
ま、百聞は一見にしかずっていいますもんね。
冷麦と素麺090828
野菜の天ぷらと一緒にいただきました。
オクラの袋の中に赤いのが2本♪
スーパーでのお買い物にはない直売所ならではの楽しさです(^▽^)


コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。