--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
11.26

鳥の楽園 昆陽池公園

Category: お出かけ
ぽかぽか陽気に誘われて伊丹市にある“昆陽池公園”へ行ってきました。
ここは野鳥のオアシスなのだそうです(^▽^)♪
昆陽池公園091126-1

水鳥にえさをやるための給餌池(きゅうじいけ)。
えさは公園の管理者の方が与えているので、来園者が鳥にえさを与えるのは禁止されているようでした。食べ残しのえさで水が汚れたり、人が鳥の糞などに触れるのを防ぐ為なんだそうです。
昆陽池公園091126-2

関西屈指の渡り鳥の飛来地で、たくさんの水鳥が飛来してくるんですって
昆陽池公園091126-3

集団でお昼寝(^^)気持ち良さそう~。このぷっくり丸まった姿がスキ♪
昆陽池公園091126-4

このコは水底の土を漁りながらお食事中
昆陽池公園091126-5

はばたく!
昆陽池公園091126-6

なにやら物問いたげなご様子。
昆陽池公園091126-7

池の真ん中にある島は日本列島の形をしているようです。こうして見ても全然分かりませんがyahoo!地図で見るとちゃんと形が確認できます!
昆陽池公園091126-8

市立博物館091126
昆陽池公園の近くにある市立博物館にも行ってみました。
こちらの展示によると、昆陽池は奈良時代に河川の氾濫を防ぎ、農業用の水を得るために高僧・行基の指導によって造られた灌漑用のため池なのだそうです。
行基といえば、私は東大寺建立を連想するのですが、偉業はそれだけではなく、なんと近畿地方に49以上の寺を建てたり、旅人の苦難を救う布施屋や多数の用水池、港などを整備して人々から菩薩様と慕われていたという、ものすごく偉大なお方だったようです。そういえばこの間行った久安寺の開祖でもあり、境内では像も見かけました。ふと訪れた所でこうしてその由来や歴史を知るというのもまた新しい興味を生みそうで面白いものですね。博物館で知った“昆陽寺”へも機会があれば行ってみたいです。(昆陽寺の開祖ももちろん行基です(^-^)b)


コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。