--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
01.03

京都初詣♪

Category: お出かけ
今日は京都に初詣へ♪
元旦に地元で初詣は済ませていたのですが、やっぱり京都へも行っておきたかったので(^-^)って、これは初詣とはいわないのかしら??

まずは昨年同様“六波羅蜜寺”で皇服茶をいただきました。
今年一年、どうぞ恙無く暮らすことができますようにと願いをこめて
大福茶100103
お茶碗が前とは違うような?と思ってその時のブログ記事を見てみるとやっぱりでした。こういう時ブログを書いていると便利ですね~(^^)

お次は建仁寺の塔頭寺院のひとつ“両足院”の特別公開へ。
こちらでの目当ては若冲の“雪梅雄鶏図”と鎮守の“狛寅”さんです。
両足院100103-1

お目当ての絵がプリントされた看板に出迎えられて早くも興奮気味(^^)♪
両足院100103-2

両足院100103-3

庭園の奥に見えているのは“水月亭”と“臨池亭”という二つのお茶室です。
こちらのお茶室では特別公開時等に呈茶もされるようでしたので、機会があったら是非いただいてみたいわ♪この日は残念ながら公開されていなかったので、廊下や書院など離れた場所からこうして様子を見ることができるのみでした。
夏には池の周りに半夏生が生い茂るのを見ることが出来るので有名で、
昨年、建仁寺でのお茶会のついでにその様子を拝見しようと思っていたのに、
建仁寺の方丈でゆっくりと時を過ごして結局行かずじまいだったんですよねぇ。
お茶室も間近で見てみたいし今年の夏も公開されていたら来てみようかしら。
両足院100103-4
本堂や書院ではお目当ての“雪梅雄鶏図”(伊藤若冲筆)をはじめ、
“水辺童子図”(長谷川等伯筆)
“竹林七賢図”(長谷川等伯筆)
“嘷虎図”(李義養筆)
“墨梅図”(周文筆)などの掛け軸や襖絵、屏風などが数点展示されていました。
これらはお正月らしく松竹梅と寅をテーマに展示されていたようです(^-^)♪
本堂での解説のなかに、林浄因という方が日本で初めて餡の入った饅頭をつくったため饅頭のお寺ともいわれているというお話しがありましたが、後で調べてみてびっくり!この方を祀った神社を奈良で訪れていました!
自分の訪れた場所がこうしてつながっていくのってなんだか面白い♪

両足院の鎮守“毘沙門天”ここでは狛犬ならぬ狛寅を見ることができるのです♪
寅年にあたる今年はもう必見でしょ?
毘沙門尊天100103

狛寅100103

とっても可愛い“寅みくじ”♪
寅みくじ100103

昨年同様“松壽軒”さんで花びら餅もしっかりゲットしました!
待ってる間にこうして茶菓を出してくれる心遣いがなんともあたたかい♪
松壽軒100103

京都初詣での締めは“志る幸”さん。
勤王志士 古高俊太郎邸跡にある美味しい味噌汁のお店です。
今年の大河ドラマの舞台が幕末なのでこちらの人気も高まるかも??お店のお勧めは利休弁当でしたが、お正月なので白味噌のお雑煮をいただきました。
志る幸100103

柚子のさわやかな香りで白味噌が甘くなりすぎず美味(^▽^)
お汁の中に入っているかつおぶしからもいいだしが出ていてうまうまでした♪
お値段は少々お高めですが、この美味しさなら仕方ない!
シーズン中にもう一回くらい食べたいな。
白味噌雑煮100103
いつもに比べるとかなり短めの京都散策ですが、実はこの日電車の初詣の乗り放題パスを購入していたので、せっかくだから神戸方面へ移動して三社参りをすることにしたのです。かなり強硬スケジュールですが、神戸の神社をまわる良い機会なので頑張りますっp(^▽^)q


コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。